ポイントサイト

ネットショッピングにおすすめのポイントサイトはどこ?厳選して紹介

楽天市場や Yahoo!ショッピングなどで買い物をする前に、ポイントサイトを経由するだけで、追加のポイントをもらえます。数あるポイントサイトの中から、特にネットショッピングに適したものを選ぶ方法と、おすすめサイトを厳選して紹介します。

ポイントサイト経由でネットショッピングする方法

ポイントサイトは、さまざまなネット広告を掲載しているサイトです。通販サイトを利用する前にポイントサイトの広告をクリックするだけで、ポイントをもらえます。

ネットショッピングでポイントサイトを使う「手順」と、ポイントをもらうまでの「流れ」を確認しておきましょう。

広告をクリックして通販サイトへ

ポイントサイトを利用するには、まず会員登録をする必要があります。

次にポイントサイト内を検索して、使いたい通販サイトの広告リンクを探します

「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」だけでなく、「ベルメゾン」や「ニッセン」など、さまざまな通販サイトの広告があるので探してみましょう。

「Amazon」については基本的にポイントサイト非対応で、広告はあっても、基本的に「ポイントの対象外」になっています。

使いたい通販サイトの広告をクリック(タップ)すると、自動的に通販サイトに移動します。例えば楽天市場の広告をクリックすると、自動的に、いつも使っている楽天市場が表示されるわけです。

商品を選んで購入する

あとは通常通り、通販サイトでお買い物をするだけです。

ただし、ポイントサイトの広告をクリックする前に、既に買い物かごに入れて保存されていると、ポイントが付かない場合があります。

必ずポイントサイトの広告をクリックしてから、商品を選択して買い物かごに入れ、購入するようにしましょう。

一定期間たってからポイント付与

ポイントサイトを利用しても、すぐにポイントをもらえるわけではありません

ポイントを付与されるまでの期間はサイトによって異なりますが、目安としては「75~90日」ほどかかります。

これは、ポイントサイトの運営側に広告収入が入るまで時間がかかることなどが理由なので、仕方がないでしょう。

もらったポイントを交換して使う

ポイントサイトでもらったポイントは、「現金」「電子マネー」「通販サイトのポイント」などに交換して利用します。

交換に手数料がかかることもありますが、無料で現金に換えられるポイントサイトもあります。

楽天ポイント」や「Tポイント」などにも交換できるポイントサイトがあるので、次回のネットショッピングでポイントを使うことも可能です。

ココをチェック!ポイントサイトの選び方

さまざまなポイントサイトがありますが、どのように比較すればよいのでしょうか。特に重要な7つのポイントを紹介します。

ネット通販の「ポイント率」

通販サイトによって、もらえるポイントの割合が異なります。

同じ通販サイトの広告でも、ポイントサイトごとにポイント率が異なることもあります。

自分がよく利用するネット通販サイトの広告を確認し、どのぐらいポイント還元されるのかをチェックしましょう。

楽天市場や Yahoo!ショッピングは、基本的に「1%」が相場です。つまり購入価格の1%のポイントがもらえます。

しかし Yahoo!ショッピングについては、一部のサイトでは「2%」になっていることもあるのです。この記事では、楽天市場と Yahoo!ショッピングのポイント率についてまとめています。

「ポイント利用分」は対象かどうか

通販サイトでは「ポイントで支払う」ことがあります。かなりポイントがたまっていれば、全額ポイント支払いをすることもあるでしょう。この点が要注意です。

ポイントサイトによっては、ポイントを利用して支払った場合に、ポイントの対象外になる場合があります。全額ではなく一部にポイントを使ったとしても、ポイントを使った分の金額には、ポイントが付かないのです。

このように「ポイントを利用して支払った分が、ポイントサイトでのポイント付与の対象になるかどうか」をよく確認しましょう。

「税込み基準」かどうか

もらえるポイントの額を計算するうえで、購入商品の「税込み価格」を基準にするのか、「税抜き価格」を基準にするのかは、サイトによって異なります。

当然、「税込み価格」を基準にした方が多くポイントをもらえます。

同じ「1%」のポイント率でも、「税抜き価格」を基準にしているサイトは、実質「約0.9%」のポイント率になり、少し損をした気分になりますね。

少額の商品だと細かい差ですが、高額の商品だと、差が大きくなります

「お買い物保証」があるか

お買い物保証」がついているポイントサイトの方が、安心して利用できます。

「お買い物保証」とは、「リンクをクリックしてお買い物をしたのに、ポイントが付かない!」という場合に、ポイントサイトに問い合わせすると確認してくれて、ポイントを付与してくれる保証です。

この保証が付いているサイトは少ないですが、ネットショッピングで使うなら、「お買い物保証あり」のサイトの方が安心感があります。

ポイントの「レート」

ポイントのレートとは、現金などに交換する際に、「1円あたり何ポイントにあたるのか」という基準です。

サイトによってレートが異なり、主に「1ポイント=1円」のサイトと、「10ポイント=1円」のサイトの2種類があります。

どちらを選んでもOKですが、それぞれ多少のメリットがありますので、以下に解説します。

レートが「1ポイント=1円」のメリット

  • 分かりやすい

「1ポイント=1円」のサイトは分かりやすいというメリットがあります。

ネット通販だけで使う場合はあまり影響がありませんが、ゲームやアンケート、クレジットカード発行など、ネット通販以外の方法でポイントをためるときに便利なので、おすすめです。

「クレジットカード発行で1万ポイント」「アンケートに答えて5ポイント」などと書かれている広告を利用するときに、そのポイントが何円分なのか、いちいち変換する手間が省けて分かりやすく使えます。

レートが「10ポイント=1円」のメリット

  • 1円以下の端数が残る

「10ポイント=1円」のサイトは、端数が残るのがメリットです。かなり小さいメリットなので、あまり気にする必要はありませんが、参考までに解説しておきます。

例えば「198円」の1%は「1.98円」ですが、「1ポイント=1円」のサイトでは、ほとんど切り捨てられて「1.0円」分のポイントしかもらえません。

これが「10ポイント=1円」のサイトなら「19ポイント」つまり「1.9円」分のポイントをもらえるので、「0.9円」分の端数が残ることになります。

ただしこれは、毎回の買い物で「1円未満」の端数が残るだけなので「金額が大きい買い物ほど大きな差になる」ということはありません。

「買い物の回数が多い」人には少しのメリットがあるといえます。

最低いくらから交換できるか

ポイントを現金や他のポイントに交換する際、「最低何ポイントから交換できるか」も重要です。

最低交換ポイントが高いと、なかなかポイントを利用できないことになります。

交換先によって最低交換ポイントの条件が違うので、利用したい交換先が、最低何ポイントから交換できるかチェックしましょう。

ポイントの「交換先」

たまったポイントを、Tポイントや、楽天ポイント、現金などに交換しないことには、ポイントを利用できません。つまり「自分の使いたい交換先があるかどうか」が重要ですね。

現金に交換するのが万能ですが、「振込手数料」がかかるかどうかを確認しましょう。

ネット通販におすすめのポイントサイト

ネット通販で使うポイントサイトとして、特に人気の1サイトを紹介します。

ハピタス

運営会社:OZvision Inc.

楽天のポイント率 1%
Yahoo! のポイント率 1%
ポイントレート 1ポイント=1円
口座振込み手数料 無料
現金の最低交換ポイント 300円分
お買い物保証 あり
ポイント利用分は対象か
税込み基準かどうか

現金以外の交換先

楽天ポイント・Amazonギフト券・App Store & iTunes コード・nanacoギフト・楽天Edy・ビットコイン・WebMoney・ドットマネーなど

サイトで確認

楽天市場・Yahoo!ショッピング共に、ポイント利用分が対象になります。しかも、ポイントサイトの中で、おそらく唯一、税込み価格が基準です。

「お買い物保証」も付いていますから、ネット通販でポイントをためるなら、ハピタスをおすすめします。

ブロンズランク以上になると、口座振込み手数料が無料です。(1ポイント以上獲得すればブロンズランクになる)

Yahoo!ショッピングならこのサイト!

次の2つのサイトは、Yahoo!ショッピングでのポイント率が高いことで知られています。

GetMoney!(ゲットマネー)

運営会社:インフォニア株式会社

楽天のポイント率 非対応
Yahoo! のポイント率 1.1~2.0%
ポイントレート 10ポイント=1円
口座振込み手数料 無料
現金の最低交換ポイント 500~1,000円分
お買い物保証 なし
ポイント利用分は対象か
税込み基準かどうか ×

現金以外の交換先

Amazonギフト券・iTunesギフト券・nanacoギフト・Google Play ギフトコード・ドットマネーなど

サイトで確認

Yahoo!ショッピングのポイント率が「1.1~2.0%」で、他のサイトより多いのが特徴です。

ちなみにポイント率に幅があるのは、時々ポイント率が変更されるからです。キャンペーンで「2.0%」になったり、少し下がったりを繰り返しています。

今後のポイント率がどうなるのかは不明なので、よく確認してから利用してください。

「Tポイント利用分がポイント対象」なのも魅力です。楽天市場には対応していませんが、Yahoo!ショッピングで買い物をするときだけ利用するといいと思います。

チャンスイット

運営会社:インフォニア株式会社

楽天のポイント率 非対応
Yahoo! のポイント率 1.1~2.0%
ポイントレート 10ポイント=1円
口座振込み手数料 50~100円
現金の最低交換ポイント 500円分
お買い物保証 なし
ポイント利用分は対象か ×
税込み基準かどうか ×

現金以外の交換先

Amazonギフト券・iTunesギフトコード・nanacoギフト・ドットマネーなど

サイトで確認

こちらもYahoo!ショッピングのポイントが、通常より多いサイトです。

ポイント率は時々変更されるので幅がありますが、100円ごとに11~20ポイントたまります。「10ポイント=1円」なので、つまり「1.1~2.0%」のポイント率です。

とはいえ、振込み手数料がかかりますし、ポイント利用分が対象外なので、前述の GetMoney!(ゲットマネー)の方が便利でしょう。

GetMoney! と同じ会社が運営しているポイントサイトですが、こちらは「懸賞」も一緒に掲載しているという違いがあります。

ショッピング以外でもためるならこのサイト!

ネットショッピングでの利用がお得であるだけでなく、ゲームやアンケートなどでコツコツポイントをためるのにも便利なサイトといえば、次の1つをおすすめします。

モッピー

運営会社:株式会社セレス

楽天のポイント率 1%
Yahoo! のポイント率 1%
ポイントレート 1ポイント=1円
口座振込み手数料 30~147円
現金の最低交換ポイント 300円分
お買い物保証 なし
ポイント利用分は対象か ×
税込み基準かどうか ×

現金以外の交換先

楽天ポイント・Tポイント・dポイント・LINEポイント・nanacoポイント・WAONポイント・Amazonギフト券・iTunesギフト券・Google Play ギフト券・Webmoney・ドットマネーなど

サイトで確認

こちらは楽天市場とYahoo!ショッピングの両方に対応しているだけでなく、ゲームやアンケートなどでもポイントをためやすいのが特徴です。

1ポイント=1円」というレートなので分かりやすく、ポイントをコツコツためるのにぴったりです。

現金の交換手数料はかかるものの、交換先が充実していて、現金以外はほとんど手数料無料で交換できます。

ちなみに一旦「ドットマネー」に交換すれば、時間はかかるものの無料で現金化することが可能です。

「ポイントサイト」+「公式アプリ」両方を経由するには

楽天市場は、「公式アプリ」を経由して購入することでポイントが高くなります。

ポイントサイトの広告をクリックすると、アプリではなく「Webサイト」上で購入したことになり、アプリ経由で購入したことにならないことがあるので、注意が必要です。

ちょっとした工夫をすることで、ポイントサイトを利用しつつ、公式アプリ経由でも購入することができます。以下に、ハピタスを例に紹介しますので参考にしてください。

まずはポイントサイトの広告をクリック

まずは普通にポイントサイトを利用します。ハピタスにアクセスして、楽天市場の広告を探し、「ポイントを貯める」をタップしましょう。

ハピタスの画面。「ポイントを貯める」ボタン

「ポイントを貯める」をタップ

これで楽天市場のトップページに移動するはずです。キャンペーンの開催中は、トップページではなく、キャンペーンのエントリーページに移動するので、以下の「R」ボタンから、トップページに移動します。

楽天の画面。「R」ボタンをタップ

「R」ボタンをタップ

ちなみにキャンペーン未エントリーの場合は、エントリーした方がお得に買い物できることが多いです。エントリー後に「楽天市場トップページへ移動する」のボタンが表示されるので、タップしましょう。

トップページに移動したら、楽天市場のアプリを起動するボタンを探します。一番下の方にスクロールすると、以下の項目が表示されるので、「アプリ」タブをタップしてください。

楽天の画面。「アプリ」タブをタップ

「アプリ」タブをタップ

以下の項目に切り替わるので、「楽天市場」のアイコンをタップします。このボタンの場所が、リニューアルなどで移動することもありますが、とにかく「楽天市場」のアプリボタンを探してタップしてください。

楽天の画面。「楽天市場」をタップ

「楽天市場」をタップ

これでGoogle Playの画面に切り替わるので、「開く」をタップします。

Google Play の画面。「開く」をタップ

「開く」をタップ

これで、あとは普通に商品を選んで、購入するだけです。

現状では、この方法でポイント付与されることを確認済みですが、今後変更される可能性があることはご了承ください。

まとめ

ネットショッピングにおすすめのポイントサイトは「ハピタス」です。お買い物保証が付いていて、「税込み価格が基準」という強みがあります。

Yahoo!ショッピングにおすすめは「GetMoney!(ゲットマネー)」です。他のサイトよりもポイント率が高いことが多く、現金への交換手数料も無料です。

ネットショッピングだけでなく、それ以外でもポイントをためるなら「モッピー」が使いやすいことで知られています。

Webサイト制作

2020/5/11

ワードプレスで時々必要な投稿ID・カテゴリーID・タグIDを確認する3つの方法

ワードプレスを使う上で、時々必要になる「記事ID(投稿ID)」「カテゴリーID」「タグID」 その確認方法は3つあるので、まとめておきます。

続きを読む

Webサイト制作

2020/5/11

宣伝のためにツイッターを使う方法|今さら聞けないフォロワーの増やし方と減らさないコツ

自分の作品や、ブログの宣伝・拡散のために、ツイッターを使い始める人も多いと思います。 そのためには、まず、自分のフォロワーを増やす必要があります。 では、どうやってフォロワーを増やせばいいのか?基本をまとめておきたいと思います。

続きを読む

Webサイト制作

2020/5/11

独自SSLが無料!おすすめレンタルサーバーまとめ―無料で提供するサーバーが増えています!

Webサイトの運営において、SSLは必須になってきていますね。 独自SSLにしようと思うと、以前はけっこうお金がかかりましたが、最近は無料で提供するサーバーが増えています。 この記事は、独自SSLが無料で利用できるレンタルサーバーをまとめています。 前提として、独自SSLって何?なぜ必要か?という話も、一応まとめておきます。

続きを読む

Webサイト制作

2020/5/11

これ便利!ワードプレスサイトを多言語化するプラグイン「Bogo」使い方まとめ

ブログを翻訳して、もっとPVを稼ぎたい!英語圏にも読んでもらいたい! ワードプレスなら、プラグインを使うだけで、簡単に多言語サイトを構築できます。 この記事では、多言語サイトを構築するためのプラグイン「Bogo」の機能と使い方の紹介をしたいと思います。

続きを読む

Webサイト制作

2020/5/11

ワードプレスで複数記事のカテゴリーを一括移動するにはプラグインが必要!「Batch Cat」 の使い方

時々、カテゴリーの整理が必要になることがあると思います。 複数記事のカテゴリーを一括で変更・移動するには、ワードプレスのデフォルト機能だけでは無理があります。 デフォルト機能では、カテゴリーの一括追加しかできないため、一括移動や、一括削除はできません。 プラグイン「Batch Cat」を使えば、簡単にそれができます。機能と使い方をまとめました。

続きを読む

Webサイト制作

2020/5/11

ブログのアイキャッチに使える,高品質な画像が見つかる格安有料サイトまとめ・料金比較

ブログのアイキャッチなどの画像を、無料サイトで探すことも可能ですが、限界があります。 無料サイトだと、記事にぴったりの画像を探すのが大変ですが、有料サイトだと大抵すぐ見つかります。画像の量が桁違いだからですね。 この記事では、なるべく安く購入できる有料画像ストックサイトをまとめてみました。大まかですが、安い順に並べてあります。 無料サイトについては、以下の記事にまとめています。

続きを読む

Webサイト制作

2020/5/11

ブログのアイキャッチ画像の探し方|厳選!高品質な画像をダウンロードできる無料サイトまとめ

サイトのクオリティを上げるために、アイキャッチ画像は、なるべく質の良いものを使いたいところです。 この記事では、無料の画像をダウンロードできるサイトをまとめました。 「クオリティが高い」「画像の数が多い」「アイキャッチとして使える画像を見つけやすい」という条件に合うサイトに絞っています。 有料サイトについては以下の記事にまとめましたので参照してください

続きを読む

アドセンスの配置

Webサイト制作

2019/5/10

Googleアドセンス広告をどこに配置する?基本の位置はこの4つ!

Googleアドセンス広告を高めるには、貼り付け位置が重要とされています。つまり「適切な場所」に「適切な種類」の広告を配置することが、収益アップに不可欠というわけです。収益が出やすいとされる貼り付け位置と、広告の種類をまとめました。

続きを読む

infeed-ad-4

Webサイト制作

2019/1/13

インフィード広告をWordPressサイトに導入する4つの方法

サイトの記事一覧の中に溶け込むようにして表示する「インフィード広告」は、今やネット広告の主流ですね。とはいえサイトの仕様によっては、導入するのが難しいこともあります。この記事では、WordPressサイトにインフィード広告を導入する方法を4種類紹介しています。 目次1 広告コードを取得するだけじゃダメ?1.1 広告コードを入れる場所がないテーマもある2 インフィード広告を入れるための4つの方法2.1 方法1:テーマのphpファイルを編集する2.2 方法2:プラグインを入れる2.3 方法3:Googleの自 ...

続きを読む

theme

Webサイト制作

2019/1/12

おすすめWordPress有料テーマ|機能・デザイン別に徹底比較まとめ―選び方も解説!

WordPress(ワードプレス)のテーマは色々ありますが、どれがいいのか選び方がよくわからない!という場合もあるでしょう。この記事では、おすすめのWordPress有料テーマを、デザイン・機能別にまとめました。選び方もよくわかるようになっています。

続きを読む

deadline

ネットショッピング

2018/8/5

期間固定Tポイントが失効間近!どうすればいい?ポイント消化方法まとめ

Tポイントの失効まであと数日!でも使い道がわからない!通常のTポイントなら、使い道が沢山あるので、ポイント消化するのは簡単ですが、「期間固定Tポイント」は使い道が限られています。 この記事では、期間固定Tポイントの消化方法をまとめました。

続きを読む

ネットショッピング

2020/5/11

楽天市場とYahoo!ショッピングを比較!違いを分かりやすく解説します

「楽天市場」と「Yahoo!ショッピング」は、ある程度似ている部分があり、どっちが安いのか、どっちの方がポイントがたまるのか、微妙なところです。楽天市場と Yahoo!ショッピングを徹底的に比較して解説します。

続きを読む

ecommerce-worldwide

ネットショッピング

2018/7/3

海外の通販サイトで購入する2つの方法と注意点まとめ―日本未発売の商品が欲しいとき!

海外の通販サイトを利用すれば、日本未発売の商品が買えたり、日本よりも安く買えたり、レアアイテムが見つかったり…etc メリットは色々ありますね!この記事では、海外のネットショッピングサイトの利用方法と、注意点をまとめています。

続きを読む

make-web-site

Webサイト制作

2018/7/3

おしゃれなブログ・ホームページが無料で作れるサービスまとめ

自分の会社やお店のホームページ・Webサイトを作りたいと思っても、一般的な無料ブログでは安っぽいし… かといって、サーバー代やドメイン代を払うのも避けたい…無料でおしゃれなサイトが作れるサービスはないの? この記事では、そんな人に最適なサービスをまとめました。

続きを読む

no image

Webサイト制作

2019/4/2

Webサイト・ホームページの作り方は大きく分けて3種類だけ!比較まとめ

Webサイトを作る方法は、沢山あるので、分類してまとめてみました。 正確な分類を心がけたら、大きく分けて3種類だけになりました!これでWebサイトの作り方の全体像が見えると思います。 拙筆ながら、ここまでちゃんと分類している記事は少ないと思いますので、是非参考にしてください。

続きを読む

-ポイントサイト

Copyright© SHIN-NO , 2020 All Rights Reserved.