在宅コールセンター・電話サポートの副業。始め方や注意点を徹底解説

在宅コールセンター・電話サポートは「完全在宅」で収入を得られる仕事の一つです。始めるには、どのような機器や通信環境が必要なのでしょうか。注意点と共に確認しておきましょう。

在宅コールセンターとは?よくある疑問

在宅コールセンターは、自宅にいながら企業のコールセンター業務ができる仕事です。

アポイント取りなど「電話営業」の仕事や、問い合わせなどに回答する「カスタマーサポート」や、「モーニングコール代行」など、さまざまなタイプの電話業務があります。

自宅にいながら働けるので、副業としても人気です。どのような仕事なのか、「よくある疑問」に答える形式で解説します。

どんな機器や通信環境が必要?

答え
パソコンかスマートフォンがあればOK。

在宅コールセンターを始めるために、特別な機器は必要ありません。スマートフォンやパソコンを使用して業務を行うのが一般的です。

「電話用のシステム」を使えるように、自分のスマートフォンやパソコンを設定するだけでOK。そのシステムを使って、インターネット経由で電話をかけたり、受信したりできます。

「マイク付きイヤフォン」や「ヘッドセット」などがあると便利ですが、その他に特別な機器を購入したりレンタルしたりする必要はありません。

自分の電話番号が知られる?

答え
「企業の電話番号」を通知するので、自分の電話番号は知られません。

在宅コールセンターの仕事は通常、クライアントとなる「企業の電話番号」を使って行います。自分の電話番号を使う必要がないため、相手に自分の番号が通知されてしまう心配はありません。

スマートフォンで仕事をする場合でも、前述のとおり「電話回線ではなくインターネット回線を使う」ため、自分の電話番号を使う必要はありません。電話をかける仕事・受ける仕事いずれの場合も同様です。

逆にもし自分の電話番号を使って仕事をするように求められた場合には、その会社の仕事を受けない方がよいでしょう。

電話代はかかる?

答え
電話代は不要だが、インターネット代が必要。

インターネット回線で仕事をするため、電話代を請求される心配はありません。

スマートフォンで仕事をする場合も、インターネット回線を使用するため、電話代は不要。スマホのモバイル回線を使用するとデータ通信量を消費しますが、自宅の光回線などを使えばその点の心配も不要です。

ただし仕事で使う「電話用システム」の利用料として、月額1,000~2,000円ほどの利用料金がかかることがあります。

未経験でもできる?

答え
経験者優遇の募集もありますが、「未経験者歓迎」の募集も多くあります。

在宅コールセンターの求人募集で、「未経験者歓迎」のケースは珍しくありません。

コールセンターの経験はなくても、他の業種・職種で「電話対応」や「接客」の経験があれば採用されやすいといえます。

研修制度のある会社なら、「未経験で、しっかり電話対応できるか不安」という人でも始めやすいでしょう。

どうやって始める?

答え
求人検索サイトクラウドソーシングなどで仕事が見つかります。

他の仕事と同じように、在宅コールセンターを始めるには、まずは求人情報を探しましょう。

求人検索サイトクラウドソーシングで「在宅 コールセンター」などのキーワードで検索すると、多くの募集が見つかるはずです。

コールシェア」など、在宅コールセンターに特化したクラウドソーシングを利用する手もあります。

在宅コールセンターの副業を始めるにあたっての注意点

 

在宅コールセンター・電話サポートの仕事を始める前に、注意点も把握しておきましょう。仕事の選び方や、副業初心者が知っておくべき「確定申告」についてです。

業務内容をよく確認する

電話の仕事にはさまざまな種類があります。あらかじめ知っておかないと「思っていた仕事じゃなかった」という事態になりかねません。

特に注意が必要な仕事として、以下の2つがあります。

  • 相談・愚痴聞き(リスニング)
  • チャットレディ(ライブチャット)

「相談・愚痴聞き」とは、「リスニング」とも呼ばれ、ストレスを抱えている人などが、思いを吐き出すなどの目的で利用する電話サービスの仕事です。人によっては精神的な負担が大きい可能性があります。

「チャットレディ」は、「ライブチャット」などと呼ばれるサービスで、男性が女性と通話するために利用するサービスのオペレーターです。アダルトジャンルに該当する仕事も多いため、間違えて応募しないよう特に注意が必要です。

副業として稼いだら確定申告する

副業が初めての場合は「確定申告」についても把握しておきましょう。

在宅コールセンターの仕事は、クラウドソーシングなどで気軽に始められますが、副業での所得が「20万円を超える」場合には、確定申告をする義務があります。(参照:確定申告が必要な方|国税庁

クラウドソーシングでは、報酬の一部から「源泉徴収」され、あらかじめ税金が引かれることが一般的。本業の会社で年末調整をしても副業の部分は調整できません

年間で得た合計の収入が少ない人は特に源泉徴収されたお金を「還付」されることも多いため、確定申告をしないと「税金を払いすぎる」可能性もあります。

クラウドソーシングで副業すると確定申告が必要?基準と、手続きを楽にする方法を紹介

在宅コールセンターの副業を探す方法・始め方

 

在宅コールセンターの仕事を始めるには、どのように仕事を探せばよいのでしょうか。おすすめの方法を2つ紹介します。

クラウドソーシング

クラウドソーシングは、サイト上で「仕事探し→契約→業務開始→報酬の受け取り」まで完結できるサービスです。

在宅コールセンター・電話サポートの仕事だけでなく、さまざまなジャンルの仕事が募集されています。

大手のクラウドソーシングは以下の2つです。

電話の仕事に特化したクラウドソーシングとしては「コールシェア」があります。



求人検索サイト

求人検索サイトは、「仕事を探す」という点に特化したサイトです。

「在宅 コールセンター」など仕事内容のキーワードで検索し、「未経験歓迎」などの詳しい条件を設定しながら、自分に合った求人募集を探せます。

代表的な求人検索サイトは以下。

まとめ

在宅コールセンターは、パソコンやスマートフォンさえあれば気軽にスタートできる仕事です。「コールシェア」などのクラウドソーシングを利用すれば、副業としてスキマ時間で稼ぐためにも適しています。電話対応の経験がある人だけでなく、電話対応のスキルを身につけたい未経験者にもおすすめできる仕事です。