ebay 輸出で関税のクレームや受け取り拒否はどうすればいいの?対処法と予防法

trouble

ebay で輸出をすると、バイヤーが関税を請求されます。これは海外に物を発送する上で、基本的に避けられないことですね。

関税に関して、クレームや要望を受ける場合があります。関税が高いから受け取りを拒否するというケースもありました。

この手の問題に、どう対応すればいいのでしょうか?

この記事では、関税の基本と、関税クレームや受け取り拒否の対処法・予防法をまとめています。

関税の基本

関税は購入者が払うもの

ebay では基本的に、関税は購入者が支払うものです。

商品を受け取るときなどに、購入者が支払うことになります。

かかった関税の分を返金するということは、普通はしません。

高額商品ほど高くなる

受け取る物の価格が高いほど、関税も高くなります。

インボイスや発送ラベルに記載された価格などをもとに、関税が計算されるわけです。

商業目的かどうかでも違う

受け取る物が「贈物」か「商品」かでも、税金の額が変わってきます。

これも発送ラベルなどに記載した情報に基づいて判断されます。

関税逃れの小細工が横行している

関税を少しでも安くするために、以下のような小細工をお願いしてくるバイヤーが結構います。

  • インボイスや発送ラベルに書く価格を、実際より安く記載する
  • インボイスや発送ラベルに「商品」ではなく「贈物」と書く
  • etc…

関税クレーム・要望の対処法

関税の負担はしないのが普通

関税は購入者が負担するものです。それが一般的なルールですし、普通はその点を明記して出品します。

その点をリストにしっかり表示したのであれば「高い関税がかかったから支払え」というようなクレームに応じる必要はありません。

関税逃れの小細工はしない

関税逃れの小細工をしてほしいという要望は、受け入れてはいけません。

これを受け入れた事実が、ebay に発覚すると、アカウントが停止になる危険があります。

「値引きはしますよ」と言ってみる

脱税の手助けはできませんが、「値引き」なら可能です。

「インボイスの価格を安くしてくれ」と言ってきたバイヤーに「ダメです」と言うだけでもいいんですが、みすみす販売機会を逃すよりは、値引きしてみたほうがいいかもしれません。

「それはできませんが、値引きはできます。○○ドルではいかがでしょうか」というような感じです。

返品・受取り拒否はどうしようもない

「関税を払いたくないから受け取り拒否をした」というようなケースはどうしようもありません。

「受け取り拒否」とは、購入者が荷物の受け取り手続きを拒否したために、発送業者がこちらに商品を戻してくるという場合ですね。

この場合、相手に送料も関税もかからないので、「返品の送料はあなたの負担ですから損ですよ」的な言い方も通用しません。

返品を受け入れない設定にしていても、「受け取り拒否」の場合は、荷物か届かなかったとみなされるので、返金は逃れられません。

もちろん、返品を受け入れる設定にしている場合、関税が理由であっても、基本的に返品を受け入れる必要があります。

関税クレーム・返品の予防法

発送前にメッセージを送る

関税クレーム・返品を予防するためには、発送前にメッセージを送るしかありませんね。

商品が購入されたら、ebay のシステム上で、関税についてのメッセージを送ります。

その時点なら、バイヤーのメールアドレスがわかるので、メールをしてもいいでしょう。

以下のメッセージ例を参考にしてください。Google 翻訳で英訳するだけでも十分使えます。

メッセージ例

こんにちは、ご購入ありがとうございます。以下の点に注意してください。

  • 送料は無料ですが、関税はバイヤーの責任です。
  • 私はインボイスやラベルの価格を変更しませんし、「贈物」と書くこともしません。

以上の点はよろしいでしょうか?

他にも注意点があれば、ついでにメッセージに含めます。発送予定日・到着予定日などを含めてもいいでしょう。

返信してこないと不安なので、「よろしいですか?」というような疑問形で書くようにするといいと思います。

関税の調べ方

「関税がいくらかかるか教えてくれ」という要望も時々あります。

国によって異なるので、調べるのが難しい国もありますが、「world tariff」というサービスを使えば、各国の関税率を調べることができます。

利用するには、無料のユーザー登録が必要です。

ほどんどの国では、商品の種類によって税率が異なります。商品名などでキーワード検索するか、HSコードを入力することで、税率を調べることができます。

まとめ

  • 関税はバイヤーが支払うのが基本
  • 関税逃れの小細工はしない
  • 返品や受け取り拒否はどうしようもない
  • 前もって関税についてメッセージを送ると予防できる