Amazon・eBay 輸出にくわしい税理士の探し方。税理士は必要?

Amazon や eBay で輸出をした場合、確定申告が必要になります。確定申告を助けてもらうために、輸出に詳しい税理士を探すにはどうすればいいのでしょうか。探し方と、依頼の方法をまとめました。そもそも税理士が必要かという話も書いています。

個人輸出に税理士は必要?

Amazon や eBay を使って個人的に輸出をした場合でも、税理士は必要なのでしょうか?税理士の必要性とメリットをまとめました。

消費税還付のため

Amazon や eBay での輸出の税務において、最大の特徴は「消費税還付」でしょう。

この還付の手続きのために、税理士が必要になる場合があります。輸出ビジネスの場合、「消費税の確定申告」をすると、輸出の仕入れにかかった消費税が還付されるわけです。

これは結構な金額になることが多く、たとえば月あたり10万円分でも仕入れていれば、還付金額は約12万円になります。手続きをしないとこれをみすみす失うわけですから、かなりの損ですね。

つまり通常の所得税の確定申告だけでも面倒なのに、追加で「消費税の確定申告」もしないといけないわけです。

消費税の確定申告は、初心者にはけっこう難しい内容です。間違えると還付金額が減って損をしたり、納税不足になったりするというリスクがありますので、税理士の助けを借りることで安心につながるわけですね。

消費税還付の方法については、以下の記事にまとめていますので、参考にしてください。

ebay や Amazon など個人輸出の消費税還付の手順、必要な書類について

時間の節約のため

物を売るビジネスは、確定申告が大変になりやすいです。帳簿の仕訳項目が多くなりやすいので、かなりの時間を取られます

Amazon や eBay での個人輸出であっても同じです。会計担当のバイトを雇うぐらいの価格で、しかもプロの技術を利用できるわけですから、税理士に依頼することは、かなりコスパの良い選択といえるでしょう。

節税のため

「節税」とは、合法的に税金を少なくすることです。

Amazon や eBay での個人輸出でも、利益が増えてくると、所得税などの額が大きくなってきます。それをうまく工夫して少なくするノウハウを、税理士は持っているわけです。

素人がそういうことを下手にやると、法に触れて脱税になってしまうこともあり得るので、専門家である税理士の監修を受けることが重要になります。

融資のサポートのため

Amazon や eBay での個人輸出には、資金が必要になることがあります。無在庫でやっている人でも、キャンセルや返品が発生するのは避けられません。

単価の高い商品を扱っていれば、キャッシュフローがマイナスになることもあるでしょう。そういう時に、お金を借りる必要があるわけです。

そんなときに自力で銀行に行くよりも、税理士の助けを借りたほうが、良い条件で融資を受けられる可能性が高くなります。

法人設立のため

どんなビジネスも、利益が大きくなってくると、法人化したほうが税金が有利になることがあります。

法人設立の書類作成を自分でやるのは大変なので、ここも税理士の出番ですね。

法人設立の手続きを税理士に依頼しても、多くの場合、手数料は無料で、法的な費用だけで済みます。

依頼の仕方は主に2パターン

税理士に依頼する方法は、大きく分けて2つのパターンがあります。それぞれのパターンの費用相場も紹介しますので、参考にしてください。税理士の費用は一般的に、年間の売上が多いほど高くなるので、相場はあくまでも目安としてください。

確定申告だけ(年1回の依頼)

年1回だけ税理士に依頼して、確定申告の書類作成をお願いするということもできます。

相場としては、完全に丸投げするなら年額10万~20万円程度が目安です。ただし事務所によっては毎月の顧問契約が必須ということもあるので、よく確認してください。

輸出ビジネスの場合は「消費税の確定申告」も必要なので、料金が相場より高くなることを想定しておいたほうがいいでしょう。

顧問契約(毎月の依頼)

顧問契約をして、定期的に税理士のサポートを受けるという依頼方法もあります。毎月税理士にお金を払う形になり、相場は月額1万~3万円程度です。

顧問契約をしていると、定期的に帳簿のチェックをしたり、会計や税務の相談にのってくれたりと、手厚いサポートを受けられます。いつ来るか分からない「税務調査」の立ち合いもお願いできるので安心です。

確定申告の手数料は、月額費用に含まれている場合もあれば、別料金の場合もあるので、よく確認しましょう。

AmazonやeBayに強い税理士の探し方

同じ税理士でも、人によって得意分野が異なります。Amazon や eBay での個人輸出の事情に詳しい税理士を見つけるには、どうやって探せばいいのでしょうか。主な探し方は、以下にあげる2種類でしょう。

1. 税理士紹介サイトを活用

自分の条件にあった税理士を無料で紹介してくれるサイトを使うという方法です。

紹介サイトには税理士の検索機能もありますが、特に便利なのは無料で税理士の仲介をしてくれるというサービスでしょう。

探し方が分からないという初心者でも適切な税理士に出会えるよう、専門の担当者がアドバイスしてくれたり、間に立って交渉してくれたりなどのサポートを受けられます。

税理士紹介サイトは、紹介した税理士から仲介手数料をもらって収益を出しているので、利用する側は完全無料で使えるというのが魅力です。

2. 会計ソフトのサービスを活用

最近主流のクラウド系会計ソフトには、税理士の紹介サービスがついているものがあります。この場合も、紹介手数料は完全無料です。

そのソフトの操作方法に精通した税理士だけを紹介してくれるので安心感があります。

クラウド系のソフトなら、同じアカウントにログインして、遠隔操作で共同作業をすることも可能ですから、わざわざ自宅や自分の事務所に税理士を呼ぶ必要もなくて便利ということで、多くの人が利用している方法です。

主なクラウド系ソフトについては、このページの最後の方にまとめています。以下のリンクから移動できますので参考にしてください。

主な税理士紹介サイト

主な税理士紹介サイトを2つ紹介します。サービス内容は基本的に同じです。

税理士ドットコム

税理士ドットコムで申込みをすると、プロのコーディネーターが条件に合った税理士を紹介してくれます。紹介手数料は完全無料です。

「Amazon や eBay の個人輸出に詳しい税理士」ということでお願いすれば、登録している多くの税理士の中から、ピッタリの人を探してくれます。

面談の設定もサポートしてくれて、複数の事務所への相見積りなど価格交渉も助けてくれるということで、充実のサービス内容ですね。

税理士紹介エージェント

税理士紹介エージェントも、税理士ドットコムと同様のサービス内容です。税理士の紹介や価格交渉のサービスを、何度でも、無料でしてくれます。

お金がかからないので、どっちかのサイトに絞る必要がありませんから、両方のサイトを併用して、税理士の選択肢を増やすというのも一つの手ですね。

税理士紹介サービスのある会計ソフト

次に、税理士紹介サービスのあるクラウド会計ソフトをまとめました。

このタイプのソフトを使って日々の帳簿付けを行うことで、いざという時にはソフトに精通した税理士を探すサポートが受けられて安心ですね。

クラウド系の会計ソフトは、eBay の売り上げ管理をする PayPal と自動連携ができたり、仕入れに使った Amazon や楽天の購入履歴を自動取得できたりなど、色々な面で輸出ビジネスの役に立つツールです。

freee(フリー)

「freee」は Amazon や eBay での輸出ビジネスに使うのに便利な機能が豊富な、クラウド系の会計ソフトです。PayPal や、Amazon、楽天の購入履歴との連携ができます。

消費税の確定申告書を作る機能があり、入力した帳簿のデータに基づいて、消費税を自動計算し、申告書まで作成できます。消費税の集計はできても、申告書の作成まではできないソフトが多いので、輸出ビジネス用の会計ソフトとして、freee はおすすめです。

自分で申告書を作ることもできますが、税理士の紹介サービスも提供しているので、税理士の助けが欲しい時にも安心です。無料で、freee の操作に特化した税理士を紹介してもらえます。

MFクラウド

「MFクラウド」も、輸出に必要な自動連係機能が豊富なクラウド系ソフトです。「freee」と同じように、PayPal、Amazon、楽天との連携に対応しています。

ただし消費税の確定申告書を作る機能がないので、自力で確定申告をするには少し不便なソフトです。税理士の紹介サービスを提供しているので、税理士に助けてもらって確定申告する形になるでしょう。

税理士だけでなく社労士も紹介してくれるのが特徴です。社労士(社会保険労務士)は、労働法や社会保険の専門家なので、人を雇ってビジネスをする場合に強力なパートナーになる存在ですね。

従業員を雇って輸出ビジネスを拡大していきたいという場合に役立つといえます。

まとめ

税理士に仕事をお願いする方法は、年に1回、確定申告だけを依頼するか、継続的な顧問契約をして、定期的なサポート受けるかの2パターンがあります。

Amazon や eBay 輸出のことにくわしい税理士を探す方法は、主に以下の2つです。

  • 税理士紹介サイトを使う
  • 会計ソフトの税理士紹介サービスを使う

いずれの方法も、紹介してもらうための費用は完全無料なので、両方を併用するというのもありでしょう。