本の選び方が変わる!本の要約サイトのメリットと、サービス一覧まとめ

「タイトルは面白そうだったけど、買ってみたら失敗だった!」など、本選びに失敗するのは嫌なものですね。この記事では、本選びに失敗しないために「本の要約サービス」を使う方法を紹介します。主な要約サービスを4社、それぞれ詳しくまとめました。

本の要約サービスとは

本の要約サービスとは、本の内容を「要約した記事」を読めるサービスです。箇条書き程度ではなく、本の内容が分かる程度までしっかり書かれているものがほとんど。

基本的にビジネス書や自己啓発本が中心で、小説などのエンタメ本はありません。

著作権は大丈夫?

本の要約サービスは、著作権の違反ではないのでしょうか?

本の要約サービスでは通常、著作権の問題が起こらないよう、事前の確認を徹底しています。

出版社の了承を得た上で要約記事を作成し、要約内容に問題がないかのチェックまでしてもらうことで、版権元の権利を侵害しないように注意して運営されているサービスです。

出版社としても、宣伝効果が期待できるので、積極的に利用し、要約記事の掲載を許可しているという面もあるでしょう。

本の要約サービスのメリット

本の要約サービスのメリットには、主に2つの点があります。

効率的に大量の情報を得られる

一つは、情報収集が効率化するというメリットです。

良い内容の本でも、分かりにくかったり長かったりする場合、読むのに時間がかかってしまい、情報を得るための効率が悪くなるでしょう。

要約記事は短時間で読めて、重要なポイントが分かりやすくまとめられているので、効率的に情報を得られる点がメリットです。

本選びの参考になる

本の要約は、買うべき本を見極め、本選びの失敗を避けるためにも役立つサービスです。

どういう内容の本なのかを詳しく確認できるので、「思っていた内容じゃなかった」という失敗を避けられます。

「立ち読みOKの本屋」のような感覚ですね。スマホで、いつでもどこでも本の立ち読みができちゃうというわけです。

要約サービスは定額制の読み放題なので、何記事読んでも追加料金がかかりません。不要な本を買うことが減る分、月額料金がかかっても元がとれるという考え方もできます。

本の要約サービス一覧

主な本の要約サービスを紹介します。サービスの情報は2021年5月現在の情報です。詳しくは公式サイトを確認してください。

flier(フライヤー)

料金プラン
フリープラン(無料) 約20冊
シルバープラン(税込550円/月) 約20冊+毎月5冊
ゴールドプラン(税込2,000円/月) 全て読み放題

閲覧方法:Web・モバイルアプリ

flier は、プロの作成したクオリティの高い要約記事が、Webやアプリで読み放題のサービスです。

無料で読める記事が20冊ほどあり、お試しでクオリティを確認できます。

月額500円のプランだと有料コンテンツが「毎月5冊まで」と制限されますが、月額2,000円のプランにすると、有料コンテンツが「無制限」です。要約サービスは大量に読めることが重要なので、このプランが王道の使い方でしょう。

解約金や初回手数料などが一切無いサブスク型のサービスなので、「使うときだけ契約して、1カ月ですぐ解約」という使い方もOKです。

TOPPOINT(トップポイント)

料金プラン
1年契約:13,200円(税込)
 2年契約:24,200円(税込)
 3年契約:33,000円(税込)

閲覧方法:Web・紙の本

TOPPOINT は「紙の本」で要約記事を読めるサービスです。契約すると、ビジネス本の要約記事が載った月刊誌が毎月自宅に届きます。

年単位のプランしかありませんが、一冊あたり1,100円の月刊誌を定期購読するような感覚で利用できます。

Web上の「TOPPOINTライブラリー」では、PDFデータで過去のアーカイブも読み放題です。ただし過去分を読むには「月刊誌プラス会員」の契約が必要で、1回だけ9,900円の追加料金がかかります。

Book Smart(ブックスマート)

料金プラン
19,800円/年(税込)

閲覧方法:Web

Book Smart は、紙ではなくWebサイト上で要約記事を読めるサービスです。モバイルアプリはありません。

無料プランはありませんが、期間限定で2週間程度の無料お試しができることがあります。毎月契約ではなく「1年契約」のプランだけです。

SERENDIP(セレンディップ)

料金プラン
33,000円/年(税込)

閲覧方法:Web

SERENDIP は主に法人・企業向けのサービスですが、個人でも利用できます。

運営会社の「株式会社 情報工場」は以前、個人向けの「Quickreads」という本の要約サービスを展開していましたが、現在はサービス終了しています。

世界的な書籍要約サービス「getAbstract」を企業向けに販売する代理店でもあり、主に企業向けのサービスが中心の会社です。

年単位のプランのみですが、無料お試しもあります。

まとめ

本の要約サービスはいくつかありますが、スマホやタブレットで気軽に読むなら「flier」がおすすめです。

紙の雑誌として読みたいなら「TOPPOINT」が便利でしょう。予算と、好みの閲覧方法を基準に、自分にあったサービスを選んでください。