ドロップシッピング・無在庫販売OKの卸サイト9選

卸サイトの中には、無在庫販売つまり「ドロップシッピング」に対応しているサイトがあります。この記事では、無在庫販売・ドロップシッピングに対応した卸サイト9選を「DSP」「モール型の卸サイト」「オリジナルグッズ作成サイト」の3種類に分けてまとめています。

ドロップシッピング・無在庫販売OKの卸サイトとは?

ドロップシッピング・無在庫販売OKの卸サイトとは、「購入者への直送」に対応した卸サイトのこと。

ドロップシッピングとは、無在庫販売の一種で、卸業者やメーカーから購入者(エンドユーザー)に直接商品を送る「直送」をする販売形式です。

ドロップシッピングとは何か?について詳しくは以下の記事を参照してください。

ドロップシッピングとは?仕組みと注意点、始め方を徹底解説

楽天市場などのオンラインモールや、BASEなどのネットショップ作成サービスとデータ連携できるタイプもあり、ドロップシッピング用に利用しやすい卸サイトが多くあります。

ドロップシッピングに利用できる卸サイトの種類

ドロップシッピング向けの卸サイトには、大きく分けて3つの種類があります。

ドロップシッピング・サービス・プロバイダー(DSP)

DSPとは、ドロップシッピングによる卸を専門とする業者のことです。

ネットショップとデータ連携して、最新の在庫状況を反映させたり、一括で商品を発注できたりなど、便利な機能をもつサービスがいくつかあります。

おすすめのDSPについては、このページ内の「ドロップシッピング・サービス・プロバイダー4選」を参照してください。

モール型の卸サイト

モール型の卸サイトとは、サイト上に多くの卸業者(サプライヤー)が登録して、商品を卸売するサービスです。

そのサイトそのものが卸業者というよりは、卸業者と小売業者を「つなぐ」役割を果たしています。

モール型の卸サイトでは、さまざまな卸業者を検索できるので、ドロップシッピング対応の卸業者を探すことも可能です。

モール型の具体例は、このページ内の「モール型の卸サイト2選」を参照してください。

オリジナルグッズ作成サイト

オリジナルグッズ作成サイトとは、サイトやアプリ上でスマホケースやマグカップなどのグッズを気軽にデザインし、発注できるサービスです。

多くのサイトでは「1個から」発注可能で、注文が来てからグッズの製造をして、できた商品をエンドユーザーに直送(ドロップシッピング)できるサービスも多くあります。

サイト上でデザインしたグッズを「サンプル画像」として出力できるので、まだ1個も製造していない状態からでも、商品の販売スタートできます。

ネットショップと自動でデータ連係できるサービスもあり、便利です。

おすすめのオリジナルグッズ作成サイトについては、このページ内の「オリジナルグッズ作成サイト3選」を参照してください。

この3つを比較!ドロップシッピング卸サイトのチェックポイント

ドロップシッピングサイトのどこを比較すればよいのか、3つのポイントを解説します。

データ連携できるサービスはある?

どのサービスとデータ連携できるかを比較しましょう。データ連携とは、在庫状況のデータを同期したり、一括で商品を発注できたりなどの機能のことです。

ドロップシッピングでは「在庫データの同期」に気を配る必要があります。在庫データの同期とは、ドロップシッピングサイトの在庫状況を、自社のネットショップで表示する在庫状況に反映させることです。

在庫データの同期ができていないと、いざ注文が来たときに、ドロップシッピングサイト側で在庫切れになっていて、発送できないという事態になりかねません。

また「一括発注」ができると便利です。ドロップシッピングでは商品が売れるごとに発注作業が必要なので、注文の数が多くなると、その処理が大変になります。データ連携して一括で注文できると、発注作業がかなり楽になります。

ドロップシッピンサイトごとに「楽天市場はOKで、Amazonは不可」など、データ連携に対応できるサービスが異なるので、よく確認しましょう。

決済方法は何が選べる?

商品の仕入れに利用したい決済方法が利用できるかどうかもチェックしましょう。大きく分けて以下の3種類があります。

  • クレジットカード
  • 前払い決済
  • 締め払い決済(掛け払い)

「前払い決済」とは、いわゆるプリペイド形式(チャージ形式)で、銀行振込などによって事前にチャージしたお金で決済する方式。

「締め払い決済」とは「掛け払い」「後払い決済」とも呼ばれる方法で、1か月分の請求を月末などの「締め日」でまとめて支払う方式です。クレジットカード払いと同じような感覚で利用できます。

有料プランはある?

ドロップシッピングサイトは通常、入会費や月額料金は無料で登録できますが、一部のドロップシッピングサイトでは「月額制の有料プラン」が選べるので、その内容を比較してみましょう。

有料プランにすると、選べる商品のバリエーションが増えたり、卸価格が割引になったりなど、お得に利用できるようになります。

どのような有料プランがあり、どんなメリットがあるのか、月額料金はいくらなのかなどをチェックしましょう。

「ドロップシッピング・サービス・プロバイダー」4選

主なドロップシッピング・サービス・プロバイダー(DSP)を4社紹介します。各サイトで扱っている商品ジャンルもまとめているので、参考にしてください。

TopSeller(トップセラー)

商品ジャンル

アパレル/カー・バイク用品/自転車/バス・トイレ用品/AV・デジモノ・家電/ホビー/食品/スポーツ・レジャー用品/工具 etc…

  • 連携サービス:楽天市場、Yahoo!ショッピング、MakeShop
  • 決済方法:クレジットカード、前払い決済、ペイパル
  • 会費:無料~(有料プランあり)

TopSeller はドロップシッピングの専門サイトとして、扱う商品のジャンルが幅広いサービスです。

データ連携機能が充実していて、「Yahoo!ショッピング」「MakeShop」「MakeShop」では、在庫管理から発注まで連携できます。

無料でも使えますが、お試し程度しか使えないので、基本的には有料のサービスです。いくつかのプランがあり、プランに応じて扱える商品の選択肢や合計数が変わります。

Amazonでの販売は禁止ではありませんが、連携が難しいため、ヘルプに「非推奨」と書かれていることに注意しましょう。

未来問屋

商品ジャンル

腕時計

  • 連携対応:なし
  • 決済方法:前払い決済
  • 会費:無料

未来問屋は、腕時計を中心に取り扱う卸業者。時計を扱っている卸サイトは少ないので、貴重な存在です。

自動連係できる機能はありませんが、Excel などで開ける「CSV」というデータを使って商品や発注の管理ができるので、工夫すれば発注作業を効率化できます。

支払い方法は「前払い決済」のみです。(サイト上では『デポジット支払い』と記載)

SHOZAIOH(商材王)

商品ジャンル

家具/工具/雑貨

  • 連携対応:楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazon
  • 決済方法:クレジットカード・前払い決済・締め払い決済
  • 会費:無料

SHOZAIOHは、家具・インテリアの卸サイトです。

家具は大型の商品なので、商品の保管場所の確保が難しいことがありますが、このサイトを使えば、そのような悩みは無くなります。家具はドロップシッピングで販売するメリットが大きいわけです。

発注作業の連携はできませんが、商品の出品と在庫管理は、「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」「Amazon」の3カ所それぞれに対応しています。

CSVデータで出品・在庫データをダウンロードして、ネットショップのシステムにアップロードするだけの簡単操作です。

3カ月保証サービスがあるので、不良品などへのリスクも手厚く対応してくれます。

通販LABO

商品ジャンル

家具

  • 連携対応:楽天市場、Yahooショッピング
  • 決済方法:締め払い決済
  • 会費:無料

通販LABOも、家具に特化した卸サイトです。

ネットショップオーナーの負担を減らすサービスが多くあり、エンドユーザーのカスタマー対応を代行してくれるサービスもあります。

こちらもCSVデータによる一括での出品と在庫管理が可能で、「楽天市場」「Yahoo! ショッピング」に対応。

支払い方法として利用できるのは、締め払い決済サービス「Paid」のみです。

ドロップシッピング業者を探せる「モール型の卸サイト」2選

さまざまな卸業者が登録しているモール型の卸サイトを2カ所紹介します。無料登録して、ドロップシッピングに対応している業者を探してみましょう。

NETSEA(ネッシー)

商品ジャンル

アパレル/雑貨/美容・健康/家具・インテリア/事務用品/家電製品/食品 etc…

  • 連携対応:なし
  • 決済方法:ペイパル、後払い決済、銀行振込、クレジットカード
  • 会費:無料~(有料プランあり)

NETSEA は、商品の相場を調べるサービスとして有名な「オークファン」を運営する、株式会社 SynaBiz のサービスです。

商品ページに「消費者へ直送」が「対応可」になっており、商品ページ上部に「販売後注文可」と表示されていれば、ドロップシッピングに対応しているということです。

ただし最初からサイト上のすべての商品を購入できるのではなく、サプライヤー(商品供給元)ごとに利用申請が必要という点に注意しましょう。申請が通れば、商品を購入できるようになります。

NETSEAと自動連係して出品や発注を簡略化できるサービスはありません。ただしCSVデータによる一括発注ができるので、工夫すれば効率化が可能です。

「NETSEAプライム」という月額1,078円(税込)の有料プランがあり、契約すると最大2%の割引を受けられます。

スーパーデリバリー

商品ジャンル

アパレル/雑貨/家具・インテリア/電化製品/食品 etc…

  • 連携対応:BASE(ドロップシッピングは連携不可)
  • 決済方法:クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、代金引換、Paid払い
  • 会費:無料

スーパーデリバリーは、締め払い決済で有名な「Paid」を運営するラクーングループのサイトです。

基本的にエンドユーザーへの直送には非対応ですが、「大型の家具」や「電化製品」など、一部の商品が対応していることがあります。

BASEとの連携機能がありますが、「出荷された商品」つまり既に仕入れた商品を自動出品する機能しかありません。つまり連携機能はドロップシッピングには非対応です。

直送OKの「オリジナルグッズ作成サイト」3選

オリジナルグッズ作成サイトはたくさんありますが、ドロップシッピングに対応した卸サイトを3つ紹介します。

その他のサイトについては以下の記事を参照してください。

オリジナルグッズ作成サイト一覧|無在庫OKから本格向けまで15社を分類まとめ

Canvath(キャンバス)

商品ジャンル

スマホケース/トートバッグ/マグカップ/Tシャツ/スウェット/ラッピングペーパー/布/クッション etc…

  • 連携対応:BASE、Shopify
  • 決済方法:クレジットカード、Amazon Pay、Paidy、MF KESSAI
  • 会費:無料

Canvath は、サイト上に画像をアップロードするだけの簡単操作でオリジナルグッズを作れるサービスです。1個からでも発注でき、ドロップシッピングもできます。

BASE、Shopifyなどのネットショップ作成サービスとの連携ができる。

BASEでは商品の「出品」と「発注」が連携可能。Shopify では「出品」のみ連携できます。

pixivFACTORY(ピクシブファクトリー)

商品ジャンル

スマホケース/マグカップ/タンブラー/アパレル/キーホルダー/文房具/ブランケット etc…

  • 連携対応:BASE、BOOTH
  • 決済方法:クレジットカード、ATM決済、ネットバンク決済、コンビニ決済
  • 会費:無料

pixivFACTORYも簡単操作でさまざまなオリジナルグッズを作れるサービスです。こちらも1個から注文可能で、ドロップシッピングにも対応。

運営会社が同じ BOOTH のネットショップはもちろん、BASE で作成したショップでも「出品」と「発注」の連携ができます。

オリジナルプリント.jp

商品ジャンル

スマホケース/アパレル/スニーカー/マグカップ/ボトル/文房具/スマホケース/ブランケット etc…

  • 連携対応:BASE
  • 決済方法:クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、代金引換、締め払い決済
  • 会費:無料

オリジナルプリント.jp は、豊富なジャンルのオリジナルグッズを作れるサービスです。こちらもサイト上の簡単操作でデザインを作成でき、1個からでも発注OK。

「代行出荷サービス」を利用することでドロップシッピングが可能です。

BASEとの連携が可能で、「出品」と「発注」が楽にできる機能があります。

まとめ

ドロップシッピング対応の卸サイトはたくさんありますが、既にネットショップを運営している場合には、「自社のネットショップと連携やすいサービス」を選ぶことも重要です。

これからドロップシッピングを始めることを検討している場合、利用したい卸サイトと「連携しやすいサービスでネットショップを作る」という手もあります。