通販・フリマ販売

ドロップシッピングとは?仕組みと注意点、始め方を徹底解説

ドロップシッピングは稼げない!という話もありますが、実際はどうなのでしょうか。ドロップシッピングの「仕組みと種類」「メリット・デメリット」「始め方から運営の流れ」について、詳しく解説します。

ドロップシッピングとは?

ドロップシッピングとは「無在庫」の販売形式の一種です。

無在庫販売とは、在庫がない状態で販売をスタートし、商品が売れてから仕入れをする販売形式。詳しくは以下の記事を参照してください。

規約違反?無在庫販売とは、どういうビジネスかを徹底解説

ネット通販やオークション・フリマアプリで「無在庫販売」というビジネスが行われています。「無在庫」という言葉から、なんとな ...

続きを見る

無在庫の販売方法は、主に2種類あります。仕入れた商品を「いったんショップオーナーが受け取ってから」購入者に再発送する方法と、商品の仕入れ元から購入者に「直接発送」する方法です。

後者の直接発送する方法のことを「ドロップシッピング」といいます。卸業者やメーカーから購入者に商品を直接発送するわけです。

送り主の住所と名称は、ネットショップの住所と名前になるように手配してもらえます。卸業者やメーカーは、あくまでも発送を「代行」してくれる立場なので、「送り主が違って購入者が混乱するのではないか」と心配する必要はありません。

ドロップシッピングは古い?オワコン?稼げない?

ドロップシッピングは「古い」「オワコン」「稼げない」という意見もありますが、実際はどうなのでしょうか?

ドロップシッピングには、大きく分けて以下の2種類があり、オワコン説があるのはそのうちの1つだけです。

  • ショップ一体型
  • 卸サイト型(DSP)

オワコン説があるのは一つ目の「ショップ一体型」です。2つの違いを以下に解説します。

「ショップ一体型」は、稼ぐのが難しい

「ショップ一体型のドロップシッピング」とは、サイト上にある商品の中から売りたいものを選び、出品・販売まで同じサービス上で完結するタイプ。

このタイプの代表的なサービスだった「もしもドロップシッピング」が終了したことから、オワコンという意見が広がったようです。確かにライバルとの差別化が難しいなど、稼ぎにくい面がありました。

もしもドロップシッピングの終了によって、ショップ一体型は事実上「消えたジャンル」だといえます。ただし下記のように「オリジナルグッズ系」のドロップシッピングではまだ健在です。

オリジナルグッズなら差別化しやすい

オリジナルグッズを作成して販売できるサービスの中にも、ドロップシッピングに対応した「ショップ一体型」のサービスがあります。

サイト上でデザインを作り、スマホケースやトートバッグなどのオリジナルグッズをドロップシッピング形式で販売できるサービスです。

オリジナルの商品を販売するため「差別化」がしやすく、工夫次第で稼ぐことが可能で、まだまだ人気があります。オリジナルグッズを作れるサイトについては、以下の記事を参照してください。

オリジナルグッズ作成サイト一覧|無在庫OKから本格向けまで15社を分類まとめ

オリジナルのイラストを使ったスマホケースやTシャツなど、さまざまなグッズをデザインして作れるサイトがたくさんあります。ネ ...

続きを見る

「卸サイト型」は、まだ健在

もう一種類の「卸専門のドロップシッピング」は、まだまだオワコンではありません。

ショップの機能が無く、楽天市場やAmazon、独自のネットショップなど、さまざまな場所で商品を販売できる形式です。工夫次第で差別化できる要素が多くあります。

実際、もしもドロップシッピングを提供していた「株式会社もしも」でも、卸サイト型のドロップシッピング「TopSeller」を今でもサービス展開していて、まだまだ健在です。

ドロップシッピングのメリット

ドロップシッピングを利用するメリットとしては、以下の3つのポイントが挙げられます。

ネット完結できる

ドロップシッピングでは、受注から発送まで、すべてネットで完結できます。

商品が売れたときに「梱包・発送」の作業をする手間が不要になり、ネットショップの運営に必要な「手間や人件費」を大幅にカットできます。

そのためドロップシッピングは、副業として始めるのにも適しているサービスです。

在庫スペース不要

ドロップシッピングを利用したネットショップには、在庫を置くスペースが不要です。

不良在庫になりやすい「ニッチ商品」や、在庫を置いておくのに広いスペースが必要な「大型商品」を販売するのに適しています。

ネットショップ運営のために事務所や倉庫を借りる必要がないので、在宅ワークとしても魅力のあるビジネスです。

リスク回避・キャッシュフローの改善になる

ドロップシッピングを含む「無在庫販売」の大きなメリットは、ネットショップ運営に伴うリスクを最小限にできることです。

有在庫での販売は、「大量に仕入れた商品が、思ったより売れない」など、想定外のことがあると赤字になり、キャッシュフローが悪化するリスクがあります。

無在庫販売では、そのような売れ残りのリスクを回避できるので、キャッシュフロー悪化のリスクを最小限にできることがメリットです。

ドロップシッピングの注意点・デメリット

ドロップシッピングは、良い面ばかりではありません。注意点・デメリットとして3つのポイントを解説します。

販売戦略の工夫が必要

ドロップシッピングは、始めれば自動的に売れるというものではありません。

仕入れ方法の一種に過ぎないので、通常のネットショップの運営と同じように、自分で宣伝し、集客しなければ、売り上げの安定は不可能です

他のショップと差別化する工夫も求められます。人気の仕入れ先を利用するだけでなく、なんらかの「独自性」がある商品やサービスを考えることが重要です。

独自性のある「主力商品」を販売しつつ、商品ラインナップを充実させるための「補助的な仕入れ先」としてドロップシッピングを利用するというのも一つの方法でしょう。

利益率が低くなりやすい

ドロップシッピングは、一括での発注ではなく、基本的に1個ずつの注文となるので、大量注文による割引効果が期待できないこともデメリットです。

そのため、有在庫での仕入れと比べて「利益率が低くなりやすい」傾向があります。利益率の高い商品を探す工夫が必要です。

在庫データを常に連携する必要がある

仕入れ元の在庫データと自分のショップの在庫状況を常に連携して、最新の状態にしておくよう、徹底管理が必要です。

連携ができていないと、注文を受けても在庫がなくで発送できず、「キャンセル・返金」になってしまいます。

在庫なしでのキャンセルが続くと、ネットショップが「アカウント停止」になることがあるので要注意です。特にAmazonでは、アカウントが停止されやすい傾向があります。

在庫管理の方法は、「CSV形式」で在庫データを一括で取得し、ネットショップ上に一括アップロードするという流れが基本です。

ただし1日1回など定期的に操作する必要があるので、管理体制を工夫し、できるだけ効率的に作業できるようにする必要があります。

顧客対応をする必要がある

顧客からの問い合わせ対応は、基本的に自社で対応する必要があります。

顧客からの「問い合わせ対応」までしてくれるドロップシッピングサービスもありますが、非対応のサービスが多いです。

「返品受付」も自分でする必要があります。一定の条件を満たす返品については対処してくれるドロップシッピングもありますが、基本的に返品リスクを負うのはネットショップ運営者です。

顧客対応を外注化するとしても、自分で依頼先を探す必要があります。つまり自分で仕組みを作る必要があるわけです。商品の仕入れ方法以外は普通のネットショップと同じと思っておきましょう。

オークション・フリマアプリは基本NG

メルカリやヤフオクでは無在庫販売が禁止されているので、当然ドロップシッピングもNGです。

世界的なオークション・フリマサイト「eBay」では禁止されてはいませんが、海外向けの販売なので、少しハードルが高くなることは把握しておきましょう。

eBay販売について詳しくは以下の記事を参照してください。

eBay輸出とは?そのメリットやリスク・注意点を徹底解説!

インターネットを通じて、個人でも輸出ビジネスができる時代です。オークションサイト「eBay」を使って個人輸出をしている人 ...

続きを見る

ドロップシッピングの始め方・運営の流れ

ドロップシッピングの始め方から、運営の流れまでをチェックしておきましょう。大まかに「4つのステップ」で説明できます。

ステップ1. ドロップシッピングサービスに登録する

まずは何を売るかを決め、その商品を仕入れできるドロップシッピングサービスに登録します。ほとんどのサービスは無料で登録可能です。

先にネットショップを持っていないと登録できないこともありますが、ショップを開く前に登録できるサイトも多くあります。

先にショップを持っている必要があるとしても、どんなショップを作るかを決めるために、まずは仕入れ先となるドロップシッピングサービスから選び、販売する商品を検討しておくのがおすすめです。

また、ドロップシッピングサービスごとに、「楽天市場と連携しやすい」「BASEと連携しやすい」など機能の違いがあります。先に仕入れ先を選んでおけば、「連携しやすいサービスでネットショップを作る」という流れで、スムーズに販売スタートできるわけです。

ドロップシッピングサイトの例は以下の記事を参照してください。

ドロップシッピング・無在庫販売OKの卸サイト9選

卸サイトの中には、無在庫販売つまり「ドロップシッピング」に対応しているサイトがあります。この記事では、無在庫販売・ドロッ ...

続きを見る

ステップ2. ネットショップを開く

次にネットショップを作成します。作る方法は主に以下の3種類です。

  • ネット通販モールへの出店
  • ネットショップ作成サービスを利用
  • 独自ショップの作成

ネット通販モールへの出店」とは、楽天市場や Amazon などのプラットフォームを利用する方法です。Amazon での出店については、以下の記事で詳しく解説しています。

【初心者向け】Amazonで商品を販売するには?基本のコツと注意点

Amazon では、個人でも商品を販売できる「Amazon出品サービス」があります。販売の仕組みや、かかる費用、リスクや ...

続きを見る

ネットショップ作成サービス」とは、BASE(ベイス)や STORES(ストアーズ)など、ネットショップを作成できるサービスを利用する方法。プラットフォームを利用するよりもカスタマイズの自由度が高く、独自性が出せます。

独自ショップ」とは、独自ドメインで作るネットショップです。さらにオリジナリティの高いものが作れます。前述のネットショップ作成サービスでも、月額プランにすると、独自ショップを作れるのが一般的です。

ステップ3. 商品データを作成・出品する

ドロップシッピングサービスで提供される「商品画像」や「基本データ」を使って、ネットショップに出品します。

手元に商品が無い状態で出品することになりますが、それを前提とするサービスなので、出品に必要なデータがあらかじめ提供されるわけです。

CSV形式でデータとして一括で取得し、一括出品できるサービスが多くあります。

オリジナルグッズ作成サイトの場合は特に出品しやすく、ワンタッチで自動出品できるサイトもあります。具体的なサイトについては、以下の記事を参照してください。

オリジナルグッズ作成サイト一覧|無在庫OKから本格向けまで15社を分類まとめ

オリジナルのイラストを使ったスマホケースやTシャツなど、さまざまなグッズをデザインして作れるサイトがたくさんあります。ネ ...

続きを見る

ステップ4. 商品が売れたら発注・発送してもらう

商品が売れたら、ドロップシッピングサービスで商品を発注し、購入者に発送してもらいます。

購入者の住所などのデータを入力するだけの簡単操作です。自動的にデータ連携できるサイトなら、データ入力をしなくても、数クリックで発送の処理が完了します。

「別の店から商品が届いた」と購入者が混乱しないように配慮されるので、ドロップシッピングであることが分からないよう、ネットショップの名前と住所で発送してくれます。

まとめ

ドロップシッピングとは、在庫を持たずに販売し、卸業者などから直接ユーザーに商品を発送する販売形式です。

ネットで完結するので、在庫管理や、発送作業などが不要になるというメリットがあります。

高い利益を出すには工夫が必要ですが、副業や、メイン商品を補う目的などに利用できるサービスです。



節約術

2021/6/25

本の宅配買取サービス7社まとめ比較|買取価格を事前に確認できるサービスも紹介

不要な本を処分するには、自宅にいながら利用できる「本の宅配買取サービス」が便利です。どのようなサービスなのか、基本的な使い方を解説しています。おすすめの宅配買取サービス7社を比較してまとめました。 目次1 本の宅配買取サービスとは?1.1 本の宅配買取サービス利用の流れ2 本の宅配買取サービスの比較・チェックポイント2.1 「送料」と「振込手数料」が無料か2.2 送料無料の条件は何か2.3 「価格検索」に対応しているか3 送料と振込手数料が無料の、本の宅配買取サービス3.1 もったいない本舗3.2 BUY ...

続きを読む

節約術

2021/7/14

漫画全巻セットを安く買う方法|大人買いサービス6つ比較まとめ

漫画の全巻をイッキ読みしたい!という場合、全巻セットを購入できるサービスがお得で便利です。漫画を大人買いできるサービスを6つ紹介します。 目次1 漫画全巻セット大人買いサービスとは?2 「漫画全巻セット販売」に特化したサービス2選2.1 漫画全巻ドットコム2.2 全巻漫画.COM3 古本の通販サイトを利用して全巻大人買いする方法3.1 BOOKOFF ONLINE(ブックオフ・オンライン)3.2 NET OFF(ネット・オフ)4 ネット通販モールで全巻大人買いする方法5 フリマ・オークションアプリを利用し ...

続きを読む

節約術

2021/7/14

本の選び方が変わる!本の要約サイトのメリットと、サービス一覧まとめ

「タイトルは面白そうだったけど、買ってみたら失敗だった!」など、本選びに失敗するのは嫌なものですね。この記事では、本選びに失敗しないために「本の要約サービス」を使う方法を紹介します。主な要約サービスを4社、それぞれ詳しくまとめました。 目次1 本の要約サービスとは1.1 著作権は大丈夫?2 本の要約サービスのメリット2.1 効率的に大量の情報を得られる2.2 本選びの参考になる3 本の要約サービス一覧3.1 flier(フライヤー)3.2 TOPPOINT(トップポイント)3.3 Book Smart(ブ ...

続きを読む

Webサイト制作

2021/7/11

WordPressサイトのサーバー移動の仕方|ロリポップからエックスサーバー

「WordPressサイトのサーバーを移動したい」という場合、どのようにすればいいのか、詳しい手順をまとめました。「ロリポップ」から「エックスサーバー」に移動する場合を例に解説していますが、基本的な手順は、どのサーバーでも共通しています。 目次1 移動先サーバーの準備1.1 新サーバーの試用契約1.2 ドメインを設定1.3 データベースの準備1.4 データベースにユーザーを追加1.5 ワードプレスはインストールしない1.6 独自SSLの設定2 移動するデータの準備2.1 プラグインの整理・一時停止3 デー ...

続きを読む

Webサイト制作

2021/5/2

ワードプレスで時々必要な投稿ID・カテゴリーID・タグIDを確認する3つの方法

ワードプレスを使う上で、時々必要になる「記事ID(投稿ID)」「カテゴリーID」「タグID」 その確認方法は3つあるので、まとめておきます。 目次1 マウスオーバーで確認する2 編集画面のアドレスバーで確認する3 プラグインで表示する マウスオーバーで確認する 管理画面で「投稿」>「投稿一覧」をクリック。 表示された一覧の、IDを確認したい投稿にマウスオーバーする(カーソルを乗せる)と、 以下の図ように、左下にURLが表示されます。そのURLの中に、IDが含まれています。   「カテゴリー一覧」 ...

続きを読む

Webサイト制作

2021/5/2

宣伝のためにツイッターを使う方法|今さら聞けないフォロワーの増やし方と減らさないコツ

自分の作品や、ブログの宣伝・拡散のために、ツイッターを使い始める人も多いと思います。 そのためには、まず、自分のフォロワーを増やす必要があります。 では、どうやってフォロワーを増やせばいいのか?基本をまとめておきたいと思います。 目次1 フォロワーとは?2 フォロワーを増やす方法2.1 こちらからフォローする2.2 フォローしすぎに注意3 フォロワーが減らない工夫3.1 質の高いツイートをする3.2 自動化はほどほどに4 まとめ フォロワーとは? フォロワーとは、自分のツイートを、いつも受け取ってくれる人 ...

続きを読む

Webサイト制作

2021/5/2

独自SSLが無料!おすすめレンタルサーバーまとめ―無料で提供するサーバーが増えています!

Webサイトの運営において、SSLは必須になってきていますね。 独自SSLにしようと思うと、以前はけっこうお金がかかりましたが、最近は無料で提供するサーバーが増えています。 この記事は、独自SSLが無料で利用できるレンタルサーバーをまとめています。 前提として、独自SSLって何?なぜ必要か?という話も、一応まとめておきます。 目次1 独自SSLとは?1.1 情報を保護する仕組み1.2 独自SSLと共用SSLがある2 なぜ重要?―SEOに影響するから3 独自SSLが無料のおすすめレンタルサーバー3.1 LO ...

続きを読む

Webサイト制作

2021/7/14

これ便利!ワードプレスサイトを多言語化するプラグイン「Bogo」使い方まとめ

ブログを翻訳して、もっとPVを稼ぎたい!英語圏にも読んでもらいたい!ワードプレスなら、プラグインを使うだけで、簡単に多言語サイトを構築できます。この記事では、多言語サイトを構築するためのプラグイン「Bogo」の機能と使い方の紹介をしたいと思います。 目次1 「Bogo」の機能1.1 一つづつ外国語ページを作る1.2 言語切り替えボタンもつけられる1.3 ウィジェットやメニューも、英語対応できる1.4 hreflangタグも自動生成2 「Bogo」の基本的な使い方2.1 言語の追加2.2 「翻訳を追加」をク ...

続きを読む

Webサイト制作

2021/5/2

ワードプレスで複数記事のカテゴリーを一括移動するにはプラグインが必要!「Batch Cat」 の使い方

時々、カテゴリーの整理が必要になることがあると思います。 複数記事のカテゴリーを一括で変更・移動するには、ワードプレスのデフォルト機能だけでは無理があります。 デフォルト機能では、カテゴリーの一括追加しかできないため、一括移動や、一括削除はできません。 プラグイン「Batch Cat」を使えば、簡単にそれができます。機能と使い方をまとめました。 目次1 プラグインの機能1.1 カテゴリー自体の編集はできない1.2 カテゴリーの移動1.3 カテゴリーの追加1.4 カテゴリーの削除2 基本操作3 編集する記事 ...

続きを読む

Webサイト制作

2021/5/2

ブログのアイキャッチに使える,高品質な画像が見つかる格安有料サイトまとめ・料金比較

ブログのアイキャッチなどの画像を、無料サイトで探すことも可能ですが、限界があります。 無料サイトだと、記事にぴったりの画像を探すのが大変ですが、有料サイトだと大抵すぐ見つかります。画像の量が桁違いだからですね。 この記事では、なるべく安く購入できる有料画像ストックサイトをまとめてみました。大まかですが、安い順に並べてあります。 無料サイトについては、以下の記事にまとめています。 目次1 123RF1.1 単品購入の価格1.2 月額購入の価格2 stock.foto2.1 単品購入の価格3 PIXTA3.1 ...

続きを読む

Webサイト制作

2021/7/5

ブログのアイキャッチ画像の探し方|厳選!高品質な画像をダウンロードできる無料サイトまとめ

サイトのクオリティを上げるために、アイキャッチ画像は、なるべく質の良いものを使いたいところです。 この記事では、無料の画像をダウンロードできるサイトをまとめました。 「クオリティが高い」「画像の数が多い」「アイキャッチとして使える画像を見つけやすい」という条件に合うサイトに絞っています。 有料サイトについては以下の記事にまとめましたので参照してください 目次1 クレジット表記不要の無料サイト1.1 pixabay1.2 Unsplash1.3 写真AC2 クレジット表記が必要なものもある無料サイト2.1 ...

続きを読む

アドセンスの配置

Webサイト制作

2021/7/14

Googleアドセンス広告をどこに配置する?基本の位置はこの4つ!

Googleアドセンス広告を高めるには、貼り付け位置が重要とされています。つまり「適切な場所」に「適切な種類」の広告を配置することが、収益アップに不可欠というわけです。収益が出やすいとされる貼り付け位置と、広告の種類をまとめました。 目次1 Googleアドセンスは配置が肝心!1.1 広告の「種類」も重要2 収益の出やすい広告配置4つ2.1 配置1:インフィード2.2 配置2:目次の後・最初の見出しの前2.3 配置3:全画面(ページの読み込み中)2.4 配置4:記事下3 Googleアドセンス広告の貼り方 ...

続きを読む

バイク。スーパーカブ

節約術

2021/5/29

バイクの一括査定に申し込んでみた!査定の流れと結果報告|スーパーカブ編

乗らなくなったバイクがあったので、一括査定で売却してみました!売ったのはスーパーカブ110PROです。売却までの流れと結果をまとめました。ヤフオクで売ったほうがいいのか?ということについても検討済みなので、その点も解説しています。 目次1 まずは一括査定申し込み2 電話がかかってくる2.1 同じ日がおすすめ3 修理・メンテしたほうがいい?3.1 清掃ぐらいでOK4 当日の流れ4.1 付属品の用意4.2 査定が始まったら30分ほど待つ!4.3 2社同時に限界額を提示4.4 スーパーカブ110プロの買取価格は ...

続きを読む

Webサイト制作

2021/7/14

インフィード広告をWordPressサイトに導入する4つの方法

サイトの記事一覧の中に溶け込むようにして表示する「インフィード広告」は、今やネット広告の主流ですね。とはいえサイトの仕様によっては、導入するのが難しいこともあります。この記事では、WordPressサイトにインフィード広告を導入する方法を4種類紹介しています。 目次1 広告コードを取得するだけじゃダメ?1.1 広告コードを入れる場所がないテーマもある2 インフィード広告を入れるための4つの方法2.1 方法1:テーマのphpファイルを編集する2.2 方法2:プラグインを入れる2.3 方法3:Googleの自 ...

続きを読む

theme

Webサイト制作

2021/5/2

おすすめWordPress有料テーマ|機能・デザイン別に徹底比較まとめ―選び方も解説!

WordPress(ワードプレス)のテーマは色々ありますが、どれがいいのか選び方がよくわからない!という場合もあるでしょう。この記事では、おすすめのWordPress有料テーマを、デザイン・機能別にまとめました。選び方もよくわかるようになっています。 目次1 デザイン・機能で比較1.1 マガジンスタイル1.2 インフィード広告の挿入1.3 コンテンツスライダー1.4 カラーの自由設定1.5 カテゴリータグの色分け1.6 サイトロゴの位置を真ん中にする1.7 LP(ランディングページ)の作成2 おすすめWo ...

続きを読む

-通販・フリマ販売

Copyright© SHIN-NO , 2021 All Rights Reserved.