ビジネス

Amazon(アマゾン)せどり・転売とは―本当に儲かるのか?情報商材に騙されないために

Amazon(アマゾン)で、せどり・転売をする人が増えていますね。

Amazon なら絶対稼げる!儲かる方法を教えます!というような情報商材も出回っています。

Amazon せどり・転売は儲かるのでしょうか?情報商材を買っても大丈夫なのか?そのあたりについて、まとめてみました。

Amazon せどりとは

そもそも「せどり」とは何なのかという点ついては、別の記事にまとめています↓

この記事では、アマゾンでせどりをやるとは、どういうことなのかをまとめました。

Amazon はだれでも出品できる

Amazon(アマゾン)では、だれでも商品を出品できる仕組みがあります。中古品の販売も可能です。

既にアマゾン上にある商品なら、商品情報や説明を入力しなくても、簡単に出品できます。

アマゾン未発売の商品や、オリジナル商品も、アマゾンに申請して登録されれば、出品できます。

在庫管理・発送代行もしてくれる

Amazon が在庫管理や発送を代行してくれる「FBA」というサービスもあります。

これを利用すれば、売れるたびに自分で発送作業をしたり、在庫スペースを確保したりしなくてもいいわけです。

無在庫もOK(規約違反じゃない)

仕入れてから販売するのではなく、売れてから仕入れるという「無在庫販売」は、Amazon(アマゾン)でも可能です。

在庫リスクがないなどの理由から、無在庫で販売している人も多いでしょう。

「アマゾンは無在庫販売が禁止だ!」という、根拠のない情報が出回っていますが、以下の条件を満たす場合は、無在庫で販売することを認められています。

  • 商品の記録上の販売者であること。
  • 商品に同梱または付随する納品書などのすべての情報に、自身を商品の販売者として明記すること。
  • 購入者からの商品の返品受付・実施の責任を負うこと。
  • Amazonの定める出品者規約およびポリシーのすべての条項を遵守すること。

アマゾンセラーセントラル「ドロップシッピングポリシー」より

ですから、上記のルールを守れば、アマゾンで無在庫販売が可能です。

必要経費

「小口出品」と、「大口出品」の2つのプランがあります。

小口出品 月額固定費無料 + 1商品あたり100円の販売手数料
大口出品 月額固定費 4,900円

上記の手数料とは別に、「カテゴリー販売手数料」と呼ばれる費用がかかります。

商品カテゴリーによって違いますが、売り上げから8~15%程度の手数料が、さらに引かれるイメージです。

詳しくはアマゾンのヘルプを参照。

海外のアマゾンを利用する手もある

Amazon は日本だけのサービスではないので、海外の Amazon を使って販売するのもありですね。いわゆる Amazon 輸出です。

言語が違うだけで、システムは日本とほぼ同じです。

Amazon 輸出について、詳しくは以下の記事にまとめています。

儲かるのか?

ライバルが多い

Amazon(アマゾン)は、楽天と比べて参入障壁が低いので、転売・せどり屋が沢山います。

その分、ライバルも多く、価格競争も激しくなっています。

最安値じゃないと売れない

アマゾンは、価格の低い出品が優先的に表示されるため、最安値でないと、ほとんど売れません。

そのため、人気商品は価格変動が激しくなります。それで、価格を常に最安値に調整する自動ツールを使っている人も多いです。

価格の変動により赤字になる場合もあれば、逆に、価格が上昇して大きな利益になることもあります。

最大のライバルは Amazon

楽天や、ヤフーショッピング等との大きな違いはここです。

アマゾンは基本的にアマゾンが商売をするところなので、アマゾン自身が販売している商品を出品してもほとんど売れない仕組みになっています。

最大のライバルはアマゾン!…というか、アマゾンの邪魔をすると勝ち目がないように作られているわけです。

未発売商品なら勝機あり!

上記のとおり、ライバルが多いことや、価格競争が激しいこと、アマゾン自身の販売する商品は売れないこと考えると…

アマゾンが販売していない商品や、オリジナル商品など、未発売の商品で勝負するなら、儲かる可能性はあるということです。

自分で商品を開発しても良し、外国から独自に輸入するも良し…未発売の商品を売る方法はいくらでもありますね。

情報商材を買うべきか?

Amazon(アマゾン)せどり・転売に関する情報商材があふれていますが、それらを買う意味はあるのでしょうか?

「何を売るか」は教わっても無意味

ここまでの話から分かるとおり、Amazon(アマゾン) で稼ぐために重要なのは「何を売るか」です。

いかにライバルの少ない商品を見つけて、売るかです。

しかし、「何を売ったらいいのか」を教わっても、再現性があるとは限らないので、あまり意味がありません。

少なくとも、教えてくれた人と、同じ情報商材を買った人がみんなやっているわけですから、既にライバルが多くなっている可能性が高いですね。

最終的には自力で、何を売るかを考えるしかないでしょう。

必要な情報は「稼げる商品の見つけ方」

つまり、「稼げる商品をどうやって見つければいいのか」という情報が必要ということですね。

とはいえ、稼げる商品を見つける方法を、本当の意味で知っている人は少ないでしょう。

自分が上手く見つけられたからといって、同じ方法で誰でも見つけられるとは限らないからです。

その人の運とか、時代の流れ・タイミングに大きく左右されますから、やはり基本的には自力で頑張るしかないですね。

自動ツールの宣伝文句に注意!

「ツールを使って自動的に儲かる商品を見つけます!」という話もありますが、本当に良いツールなのかどうかが問題ですね。

宣伝文句だけが魅力的で、ふたを開けてみたら酷いツールだった…という可能性もあります。

無料お試しができないようなツール、具体的な機能が見えないツールは危ないですね。

情報商材はとにかくウソ・過大広告が多いので、慎重に選ぶ必要があるでしょう。

買うべきか?

では、Amazon(アマゾン)せどり・転売に関する情報商材は買うべきなのでしょうか?

結論は以下とおりです。

  • 「稼げる商品の見つけ方」を教えてくれるなら価値がある
  • 性能の良い自動ツールが付いていれば価値がある

前述のとおり、宣伝文句にウソが多いですから、本当の意味でこの条件を満たすものを見つけるのは至難の業ですね。

この手の情報なら、ネットや本で十分ですし、ツールはツールだけで、無料お試しを利用して選んだほうが安全でしょう。

書籍ぐらいの金額ならいいですが、何十万円などの高いお金を払う価値はありませんね。

まとめ

Amazon(アマゾン)せどり・転売は儲かるのか?―アマゾン未発売の商品なら儲かる可能性あり

アマゾンせどり・転売の情報商材を買うべきか?―稼げる商品の見つけ方がわかって、性能の良いツールが付いていれば価値があるが、それを見分けるのは難しい

Webサイト制作

2020/5/11

ワードプレスで時々必要な投稿ID・カテゴリーID・タグIDを確認する3つの方法

ワードプレスを使う上で、時々必要になる「記事ID(投稿ID)」「カテゴリーID」「タグID」 その確認方法は3つあるので、まとめておきます。

続きを読む

Webサイト制作

2020/5/11

宣伝のためにツイッターを使う方法|今さら聞けないフォロワーの増やし方と減らさないコツ

自分の作品や、ブログの宣伝・拡散のために、ツイッターを使い始める人も多いと思います。 そのためには、まず、自分のフォロワーを増やす必要があります。 では、どうやってフォロワーを増やせばいいのか?基本をまとめておきたいと思います。

続きを読む

Webサイト制作

2020/5/11

独自SSLが無料!おすすめレンタルサーバーまとめ―無料で提供するサーバーが増えています!

Webサイトの運営において、SSLは必須になってきていますね。 独自SSLにしようと思うと、以前はけっこうお金がかかりましたが、最近は無料で提供するサーバーが増えています。 この記事は、独自SSLが無料で利用できるレンタルサーバーをまとめています。 前提として、独自SSLって何?なぜ必要か?という話も、一応まとめておきます。

続きを読む

Webサイト制作

2020/5/11

これ便利!ワードプレスサイトを多言語化するプラグイン「Bogo」使い方まとめ

ブログを翻訳して、もっとPVを稼ぎたい!英語圏にも読んでもらいたい! ワードプレスなら、プラグインを使うだけで、簡単に多言語サイトを構築できます。 この記事では、多言語サイトを構築するためのプラグイン「Bogo」の機能と使い方の紹介をしたいと思います。

続きを読む

Webサイト制作

2020/5/11

ワードプレスで複数記事のカテゴリーを一括移動するにはプラグインが必要!「Batch Cat」 の使い方

時々、カテゴリーの整理が必要になることがあると思います。 複数記事のカテゴリーを一括で変更・移動するには、ワードプレスのデフォルト機能だけでは無理があります。 デフォルト機能では、カテゴリーの一括追加しかできないため、一括移動や、一括削除はできません。 プラグイン「Batch Cat」を使えば、簡単にそれができます。機能と使い方をまとめました。

続きを読む

Webサイト制作

2020/5/11

ブログのアイキャッチに使える,高品質な画像が見つかる格安有料サイトまとめ・料金比較

ブログのアイキャッチなどの画像を、無料サイトで探すことも可能ですが、限界があります。 無料サイトだと、記事にぴったりの画像を探すのが大変ですが、有料サイトだと大抵すぐ見つかります。画像の量が桁違いだからですね。 この記事では、なるべく安く購入できる有料画像ストックサイトをまとめてみました。大まかですが、安い順に並べてあります。 無料サイトについては、以下の記事にまとめています。

続きを読む

Webサイト制作

2020/5/11

ブログのアイキャッチ画像の探し方|厳選!高品質な画像をダウンロードできる無料サイトまとめ

サイトのクオリティを上げるために、アイキャッチ画像は、なるべく質の良いものを使いたいところです。 この記事では、無料の画像をダウンロードできるサイトをまとめました。 「クオリティが高い」「画像の数が多い」「アイキャッチとして使える画像を見つけやすい」という条件に合うサイトに絞っています。 有料サイトについては以下の記事にまとめましたので参照してください

続きを読む

アドセンスの配置

Webサイト制作

2019/5/10

Googleアドセンス広告をどこに配置する?基本の位置はこの4つ!

Googleアドセンス広告を高めるには、貼り付け位置が重要とされています。つまり「適切な場所」に「適切な種類」の広告を配置することが、収益アップに不可欠というわけです。収益が出やすいとされる貼り付け位置と、広告の種類をまとめました。

続きを読む

infeed-ad-4

Webサイト制作

2019/1/13

インフィード広告をWordPressサイトに導入する4つの方法

サイトの記事一覧の中に溶け込むようにして表示する「インフィード広告」は、今やネット広告の主流ですね。とはいえサイトの仕様によっては、導入するのが難しいこともあります。この記事では、WordPressサイトにインフィード広告を導入する方法を4種類紹介しています。 目次1 広告コードを取得するだけじゃダメ?1.1 広告コードを入れる場所がないテーマもある2 インフィード広告を入れるための4つの方法2.1 方法1:テーマのphpファイルを編集する2.2 方法2:プラグインを入れる2.3 方法3:Googleの自 ...

続きを読む

theme

Webサイト制作

2019/1/12

おすすめWordPress有料テーマ|機能・デザイン別に徹底比較まとめ―選び方も解説!

WordPress(ワードプレス)のテーマは色々ありますが、どれがいいのか選び方がよくわからない!という場合もあるでしょう。この記事では、おすすめのWordPress有料テーマを、デザイン・機能別にまとめました。選び方もよくわかるようになっています。

続きを読む

deadline

ネットショッピング

2018/8/5

期間固定Tポイントが失効間近!どうすればいい?ポイント消化方法まとめ

Tポイントの失効まであと数日!でも使い道がわからない!通常のTポイントなら、使い道が沢山あるので、ポイント消化するのは簡単ですが、「期間固定Tポイント」は使い道が限られています。 この記事では、期間固定Tポイントの消化方法をまとめました。

続きを読む

ネットショッピング

2020/5/11

楽天市場とYahoo!ショッピングを比較!違いを分かりやすく解説します

「楽天市場」と「Yahoo!ショッピング」は、ある程度似ている部分があり、どっちが安いのか、どっちの方がポイントがたまるのか、微妙なところです。楽天市場と Yahoo!ショッピングを徹底的に比較して解説します。

続きを読む

ecommerce-worldwide

ネットショッピング

2018/7/3

海外の通販サイトで購入する2つの方法と注意点まとめ―日本未発売の商品が欲しいとき!

海外の通販サイトを利用すれば、日本未発売の商品が買えたり、日本よりも安く買えたり、レアアイテムが見つかったり…etc メリットは色々ありますね!この記事では、海外のネットショッピングサイトの利用方法と、注意点をまとめています。

続きを読む

make-web-site

Webサイト制作

2018/7/3

おしゃれなブログ・ホームページが無料で作れるサービスまとめ

自分の会社やお店のホームページ・Webサイトを作りたいと思っても、一般的な無料ブログでは安っぽいし… かといって、サーバー代やドメイン代を払うのも避けたい…無料でおしゃれなサイトが作れるサービスはないの? この記事では、そんな人に最適なサービスをまとめました。

続きを読む

no image

Webサイト制作

2019/4/2

Webサイト・ホームページの作り方は大きく分けて3種類だけ!比較まとめ

Webサイトを作る方法は、沢山あるので、分類してまとめてみました。 正確な分類を心がけたら、大きく分けて3種類だけになりました!これでWebサイトの作り方の全体像が見えると思います。 拙筆ながら、ここまでちゃんと分類している記事は少ないと思いますので、是非参考にしてください。

続きを読む

-ビジネス

Copyright© SHIN-NO , 2020 All Rights Reserved.