オリジナルグッズ販売におすすめの会計ソフト2選!副業でも必要?

オリジナルグッズを作って販売した場合、確定申告が必要になることがあります。初めての場合、どのようにすればよいのか分からず、不安になるかもしれません。便利な「会計ソフト」があれば、初めての確定申告でも簡単に完了できます。オリジナルグッズ販売におすすめの会計ソフトを紹介します。

オリジナルグッズを販売すると「確定申告」は必要?

副業としてオリジナルグッズを販売して少しの収入を得ただけでも、確定申告は必要なのでしょうか。

会社員やアルバイトなどで「給与所得」がある場合、オリジナルグッズ販売による「所得」が20万円を超えると必要です。(根拠:確定申告が必要な方|国税庁

オリジナルグッズ販売の「所得」とは、1年間の「売上合計」から手数料や仕入れ費用などの「経費」を差し引いた収益額のこと。他にも副業もある場合は、その分も合計した所得が基準です。

ただし給与所得がない人は、もう少し超えてもOKな場合があります。その場合は基本的に、「控除の金額」を差し引いて収入がゼロになるなら不要です。例えば基礎控除の48万円だけが適用される人は、オリジナルグッズ販売による所得が48万円以内なら確定申告の義務はありません。

「住民税の申告」は必要

確定申告をしない場合、別途「住民税の申告」が必要であることに注意しましょう。

20万円以下などの条件があてはまる「確定申告」とは「所得税の申告」のこと。「住民税の申告」とは別です。

確定申告をすると自動的に住民税の申告も完了するため、通常は別途「住民税の申告」をする必要はありません。オリジナルグッズ販売の所得が20万円以下の場合など、確定申告をしない場合には、別途「住民税の申告」の手続きが必要です。

住民税の申告をする先は、税務署ではなく市区町村です。確定申告と同じように、申告書と控除証明書などの添付書類を提出します。

確定申告には何が必要?

確定申告に必要な作業は、大きく分けて以下の3つです。

売上と経費の集計

まずオリジナルグッズ販売によって得た「売上金」や「仕入れ原価・経費」などについて、「一年間の合計」を集計します。

ドロップシッピングなどで「実店舗がない」ショップでも、パソコンの購入費やインターネット代など、「経費」に計上できる項目はいくつかあります。

オリジナルグッズを販売したアプリやサイトの規定で、売上の一部から「手数料」が引かれていれば、その合計も集計しましょう。

「帳簿」の作成・保管

「帳簿」とは、取引の内容を記録する「仕訳帳」などの会計簿のことです。

確定申告で提出はしませんが、作成して保管しておくことが義務付けられています。

エクセルなどの表計算ソフトで作ることも可能ですが、それには簿記の知識が必要です。会計ソフトを使えば、簡単な入力で帳簿を作成でき、そのまま「売上と経費の集計」まで自動計算してくれます。

「確定申告書」の作成・提出

集計と帳簿の作成が終われば、あとは確定申告書に必要事項を記入して税務署に提出するだけです。

紙の書類で申告する場合には、確定申告の会場に持ち込んで提出するか、郵送します。

電子データで送信する「e-Tax」もOK。紙で申告するよりも税金を安くできることがあります。e-Taxは国税庁のサイトからでもOKですが、e-Tax対応の会計ソフトを使った方が簡単なのでおすすめです。

オリジナルグッズ販売の確定申告に「会計ソフト」を使う3つのメリット

確定申告をするために、会計ソフトを使わず、エクセルなどの表計算ソフトで済ませることはできないのでしょうか?

会計ソフトを使うと何が便利なのか、3つの点を紹介します。

「帳簿作成」の手間が大幅に削減できる

事務処理の中でも特に大変な作業である「帳簿」の作成が楽になることは、会計ソフトの大きなメリットです。

オリジナルグッズに限らず「商品を販売するビジネス」では、商品が1回売れるごとに帳簿への記載が必要です。商品が毎日たくさん売れるショップでは、帳簿の作成にかなりの手間が取られます。

会計ソフトがあれば、多くの部分を自動化できるので、その手間を削減できるわけです。

簡単に確定申告の書類を作れる

確定申告の書類も、会計ソフトがあれば、多くの部分を自動化できます。

帳簿のデータから自動的に計算して書類を作成してくれるので、間違えないように確認しながらエクセル入力したり電卓入力したりなどの手間が省けます。

「e-Tax」にも便利

会計ソフトの中には「e-Tax」(国税電子申告・納税システム)と連携できるものがあります。e-Taxとは、ネット上で確定申告の手続きができる仕組み。

e-Taxを利用すると「節税」にもなるので、ぜひ利用したいところです。e-Taxで確定申告すると、通常は55万円の「青色申告特別控除」が、65万円に増額されます。

会計ソフトの連携機能を使えば、e-Taxでの確定申告も簡単です。

どんな項目を会計ソフトに入力する?オリジナルグッズ販売の場合

オリジナルグッズを販売するビジネスの場合、会計ソフトにどのようなデータを入力するのでしょうか。主な4つの項目を紹介します。

ネットショップ・フリマアプリでの売上

オリジナルグッズを販売したサイト上での「売上金額」やその「日付」などを詳しく入力する必要があります。

販売回数が多いと、かなりの手間がかかる作業です。ネットショップとの連携機能がある会計ソフトなら、売り上げデータを自動的に取り込めるので、一括で完了します。

銀行口座の入出金

オリジナルグッズ販売に使う銀行口座の「お金の動き」を詳しく入力します。

売上金の入金先として指定している銀行口座について、プライベートの入出金を含めて詳しく記載します。通帳の内容をそのまま入力するような感じです。

1年間にするとかなりの件数になることもあるでしょう。これも銀行口座と連携できる会計ソフトなら、自動で簡単に入力できます。

オリジナルグッズの仕入費用・送料

オリジナルグッズを作るためにかかった費用、つまり「仕入れ費用」や「送料」なども入力します。

例えば「SUZURI」などオリジナルグッズの作成と販売の両方ができるサービスを使った場合、「原価」として設定されている金額が、仕入れ費用です。

商品が1回売れるごとに原価がいくらかを入力するとなると、ある程度の手間がかかります。この作業も会計ソフトを使って楽にしたいところです。

販売のために支払った手数料

オリジナルグッズを販売するためにかかった「手数料」も、経費として会計ソフトに入力しましょう。

手数料が無料の場合もありますが、STORES(ストアーズ)・BASE(ベイス)などのネットショップ作成サービスや、Amazon・楽天市場などECモールで販売した場合には、出店料や手数料がかかっているはずです。

面倒なので省きたくなりますが、計上できる経費は少しでも入力しておいた方が、税金が安くなります。

オリジナルグッズ販売の会計ソフトに重要な機能2選

オリジナルグッズ販売に使う会計ソフトには、どのような機能があると便利なのでしょうか。重要な「2つの機能」を紹介します。

ネットショップ・フリマアプリとの連携

オリジナルグッズを販売しているネットショップやアプリの売上データを、会計ソフトに「自動で取込み」できると便利です。

手入力する手間が省けて、一括で売上データを入力できます。

BASE などのネットショップ作成サービスや、Amazon などのECサイトの売上データと連携できる会計ソフトがおすすめです。

詳しくは「オリジナルグッズ販売におすすめの会計ソフト」の項目を参照してください。

銀行口座との連携

銀行口座の入出金データを自動的に取り込む機能も、オリジナルグッズ販売では重要です。帳簿の作成や確定申告が一気に楽になります。

利用する予定の会計ソフトが、オリジナルグッズの売上の「入金先」に指定したい銀行と連携できるか確認しましょう。

次から紹介するクラウド型の会計ソフトなら、地方銀行を含む多くの銀行と連携できます。

オリジナルグッズ販売におすすめの会計ソフト

上記で紹介した「オリジナルグッズ販売の会計ソフトに重要な2つの機能」が両方ある、おすすめの会計ソフトを2つ紹介します。

freee(フリー)

月額料金(税抜) 1,180円~
ネットショップとの連携 BASE、Amazon など
銀行口座との連携 PayPay銀行、三井住友、ゆうちょ銀行など多数
e-Tax 対応

freeeは、PCへのインストールが不要な、人気のクラウド型会計ソフトです。

オリジナルグッズの販売で使われることの多い BASE や Amazon の売上データを、自動で取込み、仕訳データとして入力できます。

連携できる銀行も多くあり、手入力する手間を大幅にカット可能。e-Taxにも対応しています。

マネーフォワードクラウド

月額料金(税抜) 980円~
ネットショップとの連携 BASE、Amazon など
銀行口座との連携 PayPay銀行、三井住友、ゆうちょ銀行など多数
e-Tax 対応

マネーフォワードクラウドも、freee と並んで人気の高いクラウド型会計ソフトです。

機能はほとんど freee と同じなので、操作画面などの使いやすさで比較して、気に入った方を使うという選び方でもよいでしょう。

確定申告は面倒!自分でやりたくない場合

会計ソフトを使っても、確定申告は手間のかかる作業です。本業のために使える時間を、少しでも削る必要があります。

確定申告に時間を割くのは嫌だ!という人は、「税理士に丸投げ」がおすすめです。

毎月の顧問契約をせず「確定申告だけ」を依頼すれば、費用を抑えられます。

知り合いの税理士がいない場合には、無料の「税理士紹介サービス」がおすすめ。「オリジナルグッズ販売に詳しい税理士に依頼したい」などの要望に沿って、最適な税理士を厳選して紹介してくれるサービスです。

税理士紹介サービスは、税理士からお金をもらって収益を得ているので、依頼する側は無料で紹介を受けられます。

代表的な税理士紹介サービスは「税理士紹介ドットコム」などです。

まとめ

オリジナルグッズ販売の確定申告は、たとえ副業でも手間のかかる作業です。自動でデータ連携できる会計ソフトを利用することで、大幅に効率化できます。

自分で確定申告をしたくない場合には、税理士紹介サービスを利用して、税理士に丸投げするのも一つの方法です。

時間は大切な「資産」の一つ。副業でオリジナルグッズ販売をしているなら、なおさら本業への影響が出ないよう手間をカットしたいところです。確定申告に割く時間はできるだけ少なく済ませるよう工夫していきましょう。