ebay

便利!eBayのビジネスポリシー(Business policies)の設定方法まとめ

投稿日:

eBayの送料設定において、ビジネスポリシー(Business policies)を使いこなすことは重要です。出品効率アップにつながります。この記事では、ビジネスポリシーを使えるようにする設定から、ポリシーの作り方まで、詳しく解説しています。

ビジネスポリシー(Business policies)とは

eBayのビジネスポリシー(Business policies)とは、『支払い』『返品』『発送』の3種類の設定を、あらかじめ保存しておく仕組みです。

ビジネスポリシーを作っておけば、あらかじめ設定したものから選ぶだけで『支払い』『返品』『発送』の3つの設定が終わるので、eBayの出品入力が楽になります。

3種類のビジネスポリシーは、それぞれ以下のように呼ばれます。

  • Payment policy(支払いポリシー)
  • Return policy(返品ポリシー)
  • Shipping policy(発送ポリシー)

支払いポリシーと返品ポリシーは、ほとんどの場合1つ作れば十分ですが、発送ポリシーについては「1kg以下用」「1kg以上2kg未満用」など、商品の重さごとに何種類か作っておくと便利です。

ビジネスポリシーが選択できない?

まだビジネスポリシーを使ったことがない場合、普通に出品しようとしても、ビジネスポリシーの項目さえ表示されないので、出品画面からは設定できません。

あらかじめ、ビジネスポリシーを使い始める設定をしておく必要があります。

ビジネスポリシーを使い始める設定方法

まず、eBayのヘルプの「Business policies」の項目で、本文内にある「opt in」というリンクをクリックします。

ebayのビジネスポリシーを使い始めるヘルプページ。下部に「opt in」のリンク」

 

次の画面で、左下の「Get started」のボタンをクリックします。

ebayのビジネスポリシーを使い始める画面。左下に「Get started」のボタン

これでビジネスポリシーの作成画面に移動しますので、事前設定は完了です。

ビジネスポリシーの作り方

ここからは具体的なビジネスポリシーの設定方法を解説します。

支払いポリシーの作り方

まず「Create policy」をクリックして表示される項目から「Payment」を選択します。

下側に「・Payment」という項目がありますが、車などの乗り物本体の出品をする際に使う項目なので、ほとんどの場合は上側の「Payment」を使います。

ebayビジネスポリシー作成。「Create policy」のボタン

 

次の画面で支払いポリシーの詳細を入力します。入力する位置と、内容は以下のとおりです。

ebay支払いポリシーの作成方法。入力箇所

  1. Policy name:自分が分かりやすい名前を付ける(半角英数字)
  2. Electronic payment methods:PayPalにチェックを入れる
  3. Your PayPal account email address:PayPalアカウントのメールアドレスを入れる
  4. Saveをクリックする

これで操作は完了ですが、入力項目の詳細と、「空欄の項目はなぜ入力しないのか」について以下に解説します。

Policy name(ポリシー名)

「Policy name」(ポリシー名)は、自分が管理するための名称なので、分かりやすい名前を自由に付けられます。バイヤーには表示されないので、かっこよくする必要もありません。

Policy nameは日本語でも入力できますが、ファイルエクスチェンジを使う時にエラーの原因になりますので、半角英数字にしておきましょう。ファイルエクスチェンジについては後述の「ファイルエクスチェンジでの使い方」の項目を参照してください。

その下の「Policy description」(ポリシーの説明)についても、自分が管理しやすいようにするためのメモなので、内容は自由です。空欄でも問題ありません。

「Set as default payment policy」(デフォルトの支払いポリシーとして設定)は任意でチェックを入れます。チェックを入れると、毎回の出品の初期状態でこのポリシーが選択されるようになるので、入力の手間が省けます。

Electronic payment methods(電子決済方法)

支払い方法には「PayPal」だけを使用するのが一般的です。

「PayPalアカウントのメールアドレス」とは、PayPalログイン時などに使用するメールアドレスです。

その下の「Require immediate payment when buyer uses Buy It Now」(固定価格のときは即時支払いを要求する)にチェックを入れると、固定価格の出品はバイヤーが即時に支払いをしないと購入できなくなりますので、未払いを防ぐことができます。

ただし、「同時に何種類かの商品を購入して、送料を安くしたい」という場合など、2つ以上の商品の支払いをまとめる買い方ができなくなるというデメリットがあります。ただ送料無料の場合は、このデメリットは関係ありませんね。

バイヤーの利便性と、支払いを確実に受け取ることを天秤にかけて、適宜選択しましょう。

「Merchant credit cards」については、各ブランドと契約した加盟店のセラーでないと不可能です。クレジットカードでの決済はPayPalを通せばOKなので、そもそも必要ありませんね。

「Other payment methods」(その他の決済方法)には以下のものがありますが、どれも自己責任になってしまうので、リスクが伴います。選択しないのが無難です。

  • Money order / Cashier's check(銀行振込)
  • Personal check(小切手)
  • Pay on pickup(代引き)
  • Other / See item description(その他)

入力し終えたら「Save」をクリックして保存するのを忘れないようにしてください。

返品ポリシーの作り方

返品ポリシーを作るには、支払いポリシーと同じようにまず「Create policy」をクリックします。表示される項目から「Return」を選択してください。

入力する位置と、内容は以下のとおりです。

ebay返品ポリシーの作成方法。入力箇所

  1. Policy name:自分が分かりやすい名前を付ける(半角英数字)
  2. Domestic returns accepted:チェックを入れる
  3. International returns accepted:チェックを入れる
  4. After receiving the item, your buyer should contact you within(2カ所):14days・30days・60days の中から選択する
  5. Return shipping will be paid by(2カ所):Buyer・Seller(Free Returns) のいずれかを選択する
  6. Replacement or exchange available:チェックを入れる
  7. Saveをクリックする

Policy nameは支払いポリシーと同じ要領ですが、2つめ以降の入力内容について、以下に詳しく解説します。

Domestic(アメリカ)と International(アメリカ以外)について入力

日本人によってややこしいですが、eBayでDomestic(国内)というとアメリカのことで、International(国際)というとアメリカ以外の国のことです。

「Domestic returns accepted」にチェックを入れるとアメリカ国内からの返品を受け入れることになり、「International returns accepted」にチェックを入れると、アメリカ以外からの返品も受け入れることになります。

なるべく返品を受け入れる設定にしたほうが、eBayの検索結果で上位表示されやすいとされていますので、リスク回避と売上のどっちを取るかで選択することになるでしょう。

14日・30日・60日から返品受け入れ日数を選ぶ

「After receiving the item, your buyer should contact you within」とは「商品を受け取ってから、購入者が何日以内に連絡する必要があるか」ということです。

14days・30days・60daysの3種類から選択できますが、なるべく長い期間にしたほうが、上位表示されやすいとされています。

とはいえeBayの販売は外国人相手ですから、返品が多いということは覚悟しておきましょう。リスクと売上アップの間をとって、「30日」にする人が多いようです。

返品はバイヤー負担かセラー負担かを選ぶ

「Return shipping will be paid by」(返品の送料を負担するのは~)で返品の送料を無料とするのか、有料とするのかを設定します。

「Buyer」を選ぶと、送料は有料で、購入者が負担します。「Seller(Free Returns)」を選ぶと、かかった送料を報告してもらい、その分を上乗せして返金することになります。

これも送料無料にしたほうが上位表示されるという話もありますが、海外からの送料は、いくらかかるのか未知数なところもあります。送料を負担するのは、かなりのリスクが伴うことは覚悟しておきましょう。

リスク回避のために「Buyer」にする人も多いです。送料を購入者負担にすることで、気軽に返品させないために役立つとも言えますね。

Replacement or exchange available(交換を受け入れる)にチェック

2016年のアップデートから「Replacement or exchange available」(交換を受け入れる)という機能が付きました。

ここにチェックを入れておくと、購入者は商品に不満があったときに、返品だけでなく交換リクエストという選択肢が選べるようになります。不良品などの場合に、保証を利用して交換するなどの対応ができるわけです。

返品を受け入れる設定にするなら、この選択肢も選べるようにしたほうがいいでしょう。

ちなみにですが、新品を送ったのに「不良品だから交換して」と言ってくるバイヤーは、かなりの確率で嘘をついています。

送ってきた商品を調べても不具合が見つからず、返送しようとしても「いらない」と言われ、結局、返品扱いになるということが、eBayではよくあります。おそらく返品するための嘘なんでしょうね。

悪質なバイヤーからの返品を避けるのは難しいということは把握しておきましょう。

発送ポリシーの作り方

3つのポリシーの中で、一番入力項目の多いのがこの発送ポリシーですね。送料無料なら簡単ですが、送料別にする設定は少し項目が多くなります。

他のポリシーと同じようにまず「Create policy」をクリックします。表示される項目から「Shipping」を選択してください。入力する位置と、内容は以下のとおりです。

ebay発送ポリシーの作成方法。入力箇所

  1. Policy name:自分が分かりやすい名前を付ける(半角英数字)
  2. Domestic shipping:アメリカへの送料、到着までの日数(発送業者)を入力
  3. Handling time:支払いから発送までの日数を入力
  4. International shipping:アメリカ以外への送料、到着までの日数(発送業者)を入力
  5. Exclude shipping locations:「Create exclusion list」をクリックして発送しない国を選択
  6. Saveをクリックする

「Shipping rate tables」という項目もありますが、アメリカの州ごとに送料を変えるなど、細かい設定をするために使うので、基本的に使わなくてもOKです。

少しややこしいのは、2と4の送料に関する項目と、5の発送除外国の設定です。この3カ所の入力方法は、ビジネスポリシーを使わない通常の送料設定と同じなので、詳しい解説は以下の記事にあります。

ship
eBayの送料(Shipping details)の設定はこれで完璧!入力方法を細かく解説

eBayの出品では、多くの人が「送料」の設定でつまずくと思います。送料に関してはビジネスポリシーを使いこなすことも重要で ...

続きを見る

「詳しいことはいいから、とりあえず何を入力すればいいのかを知りたい」という場合のために、以下に入力内容だけ記載しておきます。

Domestic shipping(アメリカ国内への発送)

入力する位置と、内容は以下のとおりです。

ebay発送ポリシーの作成方法。アメリカ国内。入力箇所

  1. Flat: same cost to all buyers」を選択
  2. Services:EMSの場合は「Expedited Shipping from outside US (1 to 4 business days)」を選択
  3. Cost:送料別の場合は送料を入力(米ドル)
  4. Each additional:2個以上購入の場合、1個増えるごとに送料がいくら増えるかを入力
  5. Free shipping:送料無料ならチェックを入れる
  6. Offer additional service:複数の発送方法を選べるようにする場合はクリックして入力
  7. Handling time:落札から発送までにかかる日数を選択

「Each additional」は、ビジネスポリシーにしかない機能で、複数購入の場合の設定です。購入する数が1個増えると、送料をいくら上乗せするのかを入力します。EMSの料金表を見て、赤字にならないように決めましょう。

軽い商品なら、何個買っても送料が増えませんということで「0」とするのもありですね。

出品する際には「Volume price」(複数購入による割引)という設定で、複数購入でいくら割引になるかを具体的に設定することも可能です。

International shipping(アメリカ以外への発送)

まず、一番上のプルダウンをクリックします。

ebay発送ポリシーの作成方法。アメリカ以外。プルダウンから選択

以下の3つの項目が表示されるので、一番上の「Flat: same cost to all buyers」を選択します。

  • Flat: same cost to all buyers(全ての購入者に同じ料金)
  • Calculated: cost varies by buyer location(バイヤーの国によって異なる料金)
  • No international shipping(国際発送しない=アメリカだけに発送)

選択すると、以下のように具体的な送料の入力欄が表示されます。

ebay発送ポリシーの作成方法。アメリカ以外。送料無料。入力箇所

送料の入力手順はアメリカ国内と同じ要領ですが、最初に国・エリアを指定するという点が異なります。全て無料に設定する場合は以下の手順です。

  1. Ship to:「Worldwide」を選択
  2. Services:EMSの場合は「Standard International Shipping」を選択
  3. Cost:「0」と入力

世界中無料ではなく、国によって送料を変える場合は、最初に「Worldwide」ではなく「Choose custom location」を選択してください。すると以下のように国を選択できるようになります。

ebay発送ポリシーの作成方法。アメリカ以外。入力箇所

  1. Ship to:「Choose custom location」を選択
  2. Services:EMSの場合は「Standard International Shipping」を選択
  3. 下にある国一覧から、任意の国を選ぶ(複数選択可)
  4. Cost:送料を入力
  5. Each additional:2個以上購入の場合、1個増えるごとに送料がいくら増えるかを入力
  6. Offer additional service:クリックして新しい発送国・発送サービスを追加する

「Offer additional service」をクリックすることで複数の送料を設定できますので、送料無料のエリアと有料のエリアを分けることも可能です。

国によってどのように送料を設定したらいいのかなど、詳しい解説は以下の記事にありますので参考にしてください。一番下に表示されている「Additional ship to locations - buyers contact for costs」についても解説しています。

ship
eBayの送料(Shipping details)の設定はこれで完璧!入力方法を細かく解説

eBayの出品では、多くの人が「送料」の設定でつまずくと思います。送料に関してはビジネスポリシーを使いこなすことも重要で ...

続きを見る

ビジネスポリシーの設定方法

ビジネスポリシーができたら、あとは出品の際に選択するだけです。

通常の出品でビジネスポリシーを選択する方法と、ファイルエクスチェンジで出品する際にビジネスポリシーを設定する方法についてまとめておきます。

通常の出品での使い方

ビジネスポリシーを使えるように設定されている場合、通常の出品画面でビジネスポリシーが選択できるようになります。

ビジネスポリシーが使えない状態だと、出品画面に返品や支払い、送料の詳細などの項目がありますが、ビジネスポリシーが使える状態なら、その表示がありません。

ビジネスポリシーを選ぶだけで簡単に出品できるようになるわけです。出品の操作について詳しくは以下の記事にまとめています。

ship
eBayの送料(Shipping details)の設定はこれで完璧!入力方法を細かく解説

eBayの出品では、多くの人が「送料」の設定でつまずくと思います。送料に関してはビジネスポリシーを使いこなすことも重要で ...

続きを見る

ファイルエクスチェンジでの使い方

「ファイルエクスチェンジ」とは、CSV形式で出品データを作成し、アップロードすることで、大量の商品を一括で出品できるというeBayの機能です。

CSV形式とは、エクセルなどで編集できるデータ形式ですから、大量の出品データでも一括管理・出品がしやすいというメリットがあります。

ファイルエクスチェンジを使って出品データを作成する際に、該当するセルにポリシー名を入力します。このときポリシー名が日本語だとエラーになる場合があるというのは前述のとおりです。

ファイルエクスチェンジの使い方について詳しくは、以下のページにまとめています。

eBayファイルエクスチェンジ(File Exchange)を使って出品する方法

eBayのファイルエクスチェンジを利用すると、eBay作業効率が格段にアップします。短時間で大量の商品を出品することも簡 ...

続きを見る

アドセンスの配置

Webサイト制作

2019/5/10

Googleアドセンス広告をどこに配置する?基本の位置はこの4つ!

Googleアドセンス広告を高めるには、貼り付け位置が重要とされています。つまり「適切な場所」に「適切な種類」の広告を配置することが、収益アップに不可欠というわけです。収益が出やすいとされる貼り付け位置と、広告の種類をまとめました。

続きを読む

infeed-ad-4

Webサイト制作

2019/1/13

インフィード広告をWordPressサイトに導入する4つの方法

サイトの記事一覧の中に溶け込むようにして表示する「インフィード広告」は、今やネット広告の主流ですね。とはいえサイトの仕様によっては、導入するのが難しいこともあります。この記事では、WordPressサイトにインフィード広告を導入する方法を4種類紹介しています。 Contents1 広告コードを取得するだけじゃダメ?2 インフィード広告を入れるための4つの方法3 AdSenseのインフィード広告コード取得方法4 Googleの自動挿入でインフィード広告を入れる方法5 まとめ 広告コードを取得するだけじゃダメ ...

続きを読む

theme

Webサイト制作

2019/1/12

おすすめWordPress有料テーマ|機能・デザイン別に徹底比較まとめ―選び方も解説!

WordPress(ワードプレス)のテーマは色々ありますが、どれがいいのか選び方がよくわからない!という場合もあるでしょう。この記事では、おすすめのWordPress有料テーマを、デザイン・機能別にまとめました。選び方もよくわかるようになっています。

続きを読む

deadline

ネットショッピング

2018/8/5

期間固定Tポイントが失効間近!どうすればいい?ポイント消化方法まとめ

Tポイントの失効まであと数日!でも使い道がわからない!通常のTポイントなら、使い道が沢山あるので、ポイント消化するのは簡単ですが、「期間固定Tポイント」は使い道が限られています。 この記事では、期間固定Tポイントの消化方法をまとめました。

続きを読む

rakuten-yahoo

ネットショッピング

2018/7/6

楽天市場とYahoo!ショッピングの比較―どっちが安い?ポイントの貯まり方は?

「楽天市場」と「Yahoo!ショッピング」は、ある程度似ている部分があり、どっちが安いのか、どっちのほうがポイントが貯まるのか、微妙なところですね。 この記事では、楽天市場とYahoo!ショッピングの、安さ・ポイントの貯まり方を、徹底的に比較しています。 ポイントの使いやすさの違いについてもまとめています。

続きを読む

ecommerce-worldwide

ネットショッピング

2018/7/3

海外の通販サイトで購入する2つの方法と注意点まとめ―日本未発売の商品が欲しいとき!

海外の通販サイトを利用すれば、日本未発売の商品が買えたり、日本よりも安く買えたり、レアアイテムが見つかったり…etc メリットは色々ありますね!この記事では、海外のネットショッピングサイトの利用方法と、注意点をまとめています。

続きを読む

make-web-site

Webサイト制作

2018/7/3

おしゃれなブログ・ホームページが無料で作れるサービスまとめ

自分の会社やお店のホームページ・Webサイトを作りたいと思っても、一般的な無料ブログでは安っぽいし… かといって、サーバー代やドメイン代を払うのも避けたい…無料でおしゃれなサイトが作れるサービスはないの? この記事では、そんな人に最適なサービスをまとめました。

続きを読む

no image

Webサイト制作

2019/4/2

Webサイト・ホームページの作り方は大きく分けて3種類だけ!比較まとめ

Webサイトを作る方法は、沢山あるので、分類してまとめてみました。 正確な分類を心がけたら、大きく分けて3種類だけになりました!これでWebサイトの作り方の全体像が見えると思います。 拙筆ながら、ここまでちゃんと分類している記事は少ないと思いますので、是非参考にしてください。

続きを読む

piggy-bank-3

ポイントサイト

2019/4/5

ポイントを貯めやすいポイントサイトのまとめ―しっかり比較して厳選した3サイト!

ポイントサイトは沢山ありますが、ポイントが貯めやすいのは、どのサイトなのでしょうか? この記事では、2つの基準をもとに、ポイントを貯めやすいサイトのベスト3を挙げています。

続きを読む

piggy-bank-question

ポイントサイト

2018/6/11

ポイントサイトは全然ポイントが貯まらない?ポイントサイトで生活できるってウソなのか?

ポイントサイトを始めてみたものの、ポイントが全然貯まらない! ポイントサイトで、毎月安定して何十万円も稼げるなんて話もありますが、あれは本当なんでしょうか? この記事では、ポイントサイトで毎月稼げる!生活できる!と言っている人たちの裏側・真実を書いてみました。

続きを読む

card

ネットショッピング

2018/7/6

プリペイドカードの比較まとめ―ネットショッピングにおすすめ!クレカ無しでもOK

クレジットカードが作れない人でも、ネットショッピング等でクレジット払いができる! その方法の一つは「プリペイドカード」ですね。プリペイドカードって実は、クレジットカードよりもポイントが貯まる場合があります。 この記事では、おすすめプリペイドカードについて、以下の3つのジャンル別にまとめています。 ポイント還元率が高いカードはどれ? 色々なポイントをまとめるならどのカードがいい? チャージが楽なカードは?

続きを読む

no-credit-card

ネットショッピング

2018/6/10

クレジットカードなしでネットショッピングをする方法―手数料がかからない方法だけ集めました

クレジットカードが作れない人は、ネットショッピングでは不利なのでしょうか? ポイントがもらえなくて手数料がかかる支払い方法しかないのでしょうか?そんなことはありません! この記事では、ネット通販で使える支払い方法のうち、クレジットカード以外で、手数料無料のお得な方法をまとめています。 ポイントが貯まる方法を先に挙げています。

続きを読む

discount

ネットショッピング

2018/6/10

Amazon(アマゾン)で安く買う方法―ポイントを最大限にもらうコツ

比較的ポイントが付かないことで有名な Amazon(アマゾン)ですが、工夫次第で意外とポイントが付きます。 この記事では、Amazon(アマゾン)でポイントを最大限にもらうコツ等、アマゾンで安くお得に買う方法をまとめています。

続きを読む

point-yahoo-rakuten

ネットショッピング ポイントサイト

2019/4/5

楽天市場・Yahoo!ショッピングにおすすめのポイントサイトはどれ?徹底比較まとめ

楽天市場や Yahoo!ショッピングで買い物をする前に、ポイントサイトを経由するだけで、追加のポイントをもらえますね! ポイントサイトは沢山ありますが、ネットショッピングでポイントを貯めるには、どこを利用したらいいのでしょうか? この記事では、ネットショッピングに最適なポイントサイトはどこなのかを、しっかりと比較して、まとめています。

続きを読む

point-site

ポイントサイト

2018/7/4

ポイントサイトとは?稼ぐ方法・使い方を徹底解説!本当に稼げるのか?

ポイントサイトを使ってお小遣い稼ぎをする人が増えていますね。 ポイントサイトで毎月何十万円も稼いでいます!なんて話は本当なのでしょうか? この記事では、ポイントサイトとは何か?ポイントをもらう方法、本当に稼げるのか?という話をまとめています。

続きを読む

-ebay

Copyright© SHIN-NO , 2019 All Rights Reserved.