通販・フリマ販売

違いはこの6つ!Amazonとebayの輸出ビジネスを徹底比較

個人輸出を始めるために、まず「どこで輸出するか」を決める必要があります。利用できるサイトは主に「Amazon」と「eBay」の2つです。それぞれのメリット・デメリットを確認しましょう。この記事では、Amazon 輸出と eBay 輸出を徹底比較しています。

大前提として、サイトの趣旨が全く違う

Amazon と eBay では、サイトの「目的・趣旨」が違います。それは「出品者がどのような扱いを受けるか」に影響する重要なポイントです。両サイトの趣旨を確認しておきましょう。

Amazon は通販サイト

Amazon は通販サイトなので「新品」の取り扱いがメインです。そして忘れてはならないのが「Amazon が商品を販売するための場所」という特徴もあります。

楽天市場のように多くのお店が集合した「ネットショッピングモール」ではなく、基本的に Amazon という一つのお店が商品を販売するための通販サイトです。

Amazon 以外の出品者(セラー)も販売できるようになっていますが、あくまでも Amazon 本体が販売していない商品を「補う」ためのサポート役のような存在です。

セラーは「いてもいなくても困らない存在」という扱いを受けます。セラーは、できるだけ Amazon の商品とは競合しないように工夫することが求められるということです。

eBay はオークション・フリマサイト

一方の eBay はオークション・フリマサイトで「中古品」の販売がメインです。また「セラーが販売するためのサイト」なので、セラーがいないと成り立ちません。

そのため、Amazonと比べるとセラーは「大切な存在」として扱われやすいという違いがあります。

アカウント停止リスクが違う

eBay と比べると、Amazon はセラーがサスペンド(停止・凍結)を受けるリスクが高いことで知られています。サスペンドのリスクについて両サイトを比較しましょう。

Amazon はサスペンド理由が不明

Amazon は「理由を述べず」に、突然サスペンドしてきます。そのため丁寧に運営していてもサスペンドを受ける可能性をゼロにできません。

サスペンドにする基準の詳細が公表されていないので、Amazon 輸出をする場合には「いつサスペンドされてもおかしくない」という覚悟で運営する必要があります。

サスペンドを受けると、その後の販売ができなくなり、別アカウントを作って回避することも不可能です。サスペンドから復帰できる場合もありますが、二度と復帰できない場合もあります。

前述のとおり、Amazon が販売するためのサイトなので、「自社の邪魔になりうるセラーはできるだけ排除したい」ということでしょう。

規約違反?違法?無在庫販売とは、どういうビジネスか

ネット通販やオークション・フリマアプリで「無在庫販売」というビジネスが行われています。「無在庫」という言葉から、なんとな ...

続きを見る

eBay は違反しなければ基本的にOK

eBay の場合は、サスペンドの理由が明確であり、基本的には規約違反をしなければサスペンドを受けることはありません。

例えば禁止商品を販売しないことや、不適切なコメントを避けるなど、セラーとして当たり前のことを守っていれば、サスペンドを回避できます。

eBay はセラーによって成り立っているサイトなので、「他のユーザーの迷惑になるセラーだけを排除する」というというスタンスでしょう。

参入障壁の高さが違う

参入障壁については「Amazon の方が低く、eBay の方が高い」といえます。

Amazon はすぐに大量出品できる

Amazon は「出品数に制限がない」ので、誰でもすぐに大量出品できます。Excelデータなどを使って、一括で大量に出品することも可能です。

大量の商品があるなら、始めた瞬間から大きな利益を得ることができます。

Amazonは「参入しやすく、追い出されやすい」ということです。

eBay は最初のうちは出品枠が少ない

一方の eBay は出品枠が決められていて「最初のうちは出品の上限が低い」ので、最初から大量の商品を販売することはできません。

「Monthly selling limits」(=月間出品上限)というものがあり、最初は「月間10品、月間合計500ドルまで」が上限として決められているのです。

大量の商品や、高額の商品を販売するには、上限を広げてもらう「リミットアップ交渉」をして、少しずつ出品できる枠を広げていく必要があります。

リミットアップ交渉は、電話やメールでカスタマーサポートに連絡して行います。日本語は非対応なので、英語で話すか、英文のメールを送る必要があるわけです。

つまり eBay では「出品枠」と「英語」が参入障壁となります。eBay は「参入しにくく、追い出されにくい」といえるでしょう。

価格競争の厳しさが違う

Amazonの方が、激しい「価格競争」に巻き込まれやすい傾向があります。違いを詳しく確認しましょう。

Amazon は最低価格じゃないとダメ

通販サイトの Amazon は、基本的に最低価格じゃないと売れにくい仕組みになっています。

最低価格の出品者だけがトップに表示されるようになっていて、価格の比較も一目瞭然だからです。

自動的に価格調整する機能」を使うと、常に最低価格になるように設定できますが、それは他のライバルも同じ設定をしてくることがあるということ。Amazon本体もその機能を使うことがあるので、最低価格で出品するのは簡単ではありません。

eBay は最低価格じゃなくてもOK

一方オークション・フリマサイトの eBay は、最低価格じゃなくても売れることが珍しくありません

出品したばかりの時」と「終了時間が近いとき」など、上位に表示される方法がいくつかあるので、最低価格でなくても売れる場合があります。

オークションサイトなので「価格交渉」ができるというのも理由です。最低価格じゃなくても、交渉を受け入れる設定にしていれば、買ってくれる確率が高くなるわけです。

価格が少し高くても、「評価」が高いセラーの方が安心だからという理由で売れることもあります。

売上が入金されるまでの期間が違う

eBay の方が、売上が入金されるタイミングが早いです。それはキャッシュフローに影響する重要なポイントなので、詳しく確認しておきましょう。

Amazon は入金までに時間がかかる

Amazon の売上金は「2週間ごと」の周期で入金処理される規定です。14日ごとに、過去の14日分の売り上げが入金処理されるわけです。

入金処理されても、すぐに振り込まれるのではなく、実際にはさらに3~5日後に振り込まれることになります。売上金を受け取るまでに時間がかかることを覚悟しておきましょう。

あと、Amazonでは入金が「保留」にされることが多いという点にも注意が必要です。何か不正をしたわけでもないのに「売り上げが急に上がったから」など、さまざまな理由によって保留にされ、入金が遅くなることがあります。

アカウントがサスペンドになった場合は、最長「90日間」入金されないことがあるという点も把握しておきましょう。

eBay は即入金

一方の eBay は基本的に「即時入金」です。商品が売れると「PayPal」(ペイパル)のアカウント残高に即時反映されます。

ただしPayPalアカウントから銀行口座にお金を移動させるには3~5日かかるという点は覚えておきましょう。

PayPalのアカウント残高は、そのままでもネット通販の支払いなどに使えるので、銀行口座に移動させなくても利用可能です。いずれにしても、Amazonよりはキャッシュフローが良いといえます。

また、eBay での販売を始めたばかりのセラーは、売れてから21日間資金が保留さるという点に注意が必要です。

参照:PayPalサポート「eBayで売るための注意事項

セラーとバイヤーの距離感が違う

Amazonと比べて、eBayは「セラーとの密接なやり取りがしやすい」というメリットがあります。それがどのような違いにつながるのでしょうか。

Amazonはセラーとの関係を築きにくい

Amazonでも、セラーとバイヤーの間でメッセージのやり取りをすることは可能ですが、サイトの特徴として、あまり積極的なコミュニケーションが起こりにくくなっています。

確認程度のメッセージのやり取りをしたとしても「その後の付き合い」にはつながりにくく、リピーターを作ることは難しいでしょう。

値引き交渉がしにくいという点も、eBayと比べた場合のデメリットです。

eBayは価格交渉やメッセージを送りやすい

一方の eBayでは、値引き交渉や商品状態の確認などでメッセージを送りあうのが普通です。

その後の付き合いがしやすく、フォローしてお気に入りセラーとして保存したり、取引連絡とは関係なくても直接メッセージを送ったりできるので、SNSのような感覚で交流できます。

関係性を構築することでリピーターになってもらいやすく、新商品が出たらおすすめメールを送る「アップセル戦略」や、関連商品をおすすめする「クロスセル戦略」なども可能です。

まとめ

Amazon と eBay の違いの大前提として、Amzon は「通販サイト」であり、eBay は「オークション・フリマサイト」であるという点を押さえておきましょう。

そのうえで、ビジネスとしての Amazon輸出と eBay輸出の違いをまとめると、以下のとおりです。

Amazon eBay
アカウント停止リスク 大きい 小さい
参入障壁 小さい 大きい
価格競争率 大きい 小さい
キャッシュフロー悪化リスク 大きい 小さい
購入者との距離 大きい 小さい

総合すると、以下のようにいえます。

  • Amazon はリスクが高いが、すぐに大きな成果を出しやすい
  • eBay はリスクが低いが、成果が出るまでに時間がかかる

以下の記事で、それぞれの特徴を詳しく解説しているので、参考にしてください。

【リスクも解説】Amazon輸出とは?どういうビジネスなのか

Amazon輸出とは、どういう仕組みのビジネスなのでしょうか。Amazon輸出の種類と、リスク・注意点について解説します ...

続きを見る

eBay輸出とは?そのメリットやリスク・注意点を徹底解説!

インターネットを通じて、個人でも輸出ビジネスができる時代です。オークションサイト「eBay」を使って個人輸出をしている人 ...

続きを見る

Webサイト制作

2020/7/24

WordPressサイトのサーバー移動の仕方|ロリポップからエックスサーバー

「WordPressサイトのサーバーを移動したい」という場合、どのようにすればいいのか、詳しい手順をまとめました。「ロリポップ」から「エックスサーバー」に移動する場合を例に解説していますが、基本的な手順は、どのサーバーでも共通しています。

続きを読む

Webサイト制作

2020/5/11

ワードプレスで時々必要な投稿ID・カテゴリーID・タグIDを確認する3つの方法

ワードプレスを使う上で、時々必要になる「記事ID(投稿ID)」「カテゴリーID」「タグID」 その確認方法は3つあるので、まとめておきます。

続きを読む

Webサイト制作

2021/4/19

宣伝のためにツイッターを使う方法|今さら聞けないフォロワーの増やし方と減らさないコツ

自分の作品や、ブログの宣伝・拡散のために、ツイッターを使い始める人も多いと思います。 そのためには、まず、自分のフォロワーを増やす必要があります。 では、どうやってフォロワーを増やせばいいのか?基本をまとめておきたいと思います。

続きを読む

Webサイト制作

2020/12/14

独自SSLが無料!おすすめレンタルサーバーまとめ―無料で提供するサーバーが増えています!

Webサイトの運営において、SSLは必須になってきていますね。 独自SSLにしようと思うと、以前はけっこうお金がかかりましたが、最近は無料で提供するサーバーが増えています。 この記事は、独自SSLが無料で利用できるレンタルサーバーをまとめています。 前提として、独自SSLって何?なぜ必要か?という話も、一応まとめておきます。

続きを読む

Webサイト制作

2020/5/11

これ便利!ワードプレスサイトを多言語化するプラグイン「Bogo」使い方まとめ

ブログを翻訳して、もっとPVを稼ぎたい!英語圏にも読んでもらいたい! ワードプレスなら、プラグインを使うだけで、簡単に多言語サイトを構築できます。 この記事では、多言語サイトを構築するためのプラグイン「Bogo」の機能と使い方の紹介をしたいと思います。

続きを読む

Webサイト制作

2020/5/11

ワードプレスで複数記事のカテゴリーを一括移動するにはプラグインが必要!「Batch Cat」 の使い方

時々、カテゴリーの整理が必要になることがあると思います。 複数記事のカテゴリーを一括で変更・移動するには、ワードプレスのデフォルト機能だけでは無理があります。 デフォルト機能では、カテゴリーの一括追加しかできないため、一括移動や、一括削除はできません。 プラグイン「Batch Cat」を使えば、簡単にそれができます。機能と使い方をまとめました。

続きを読む

Webサイト制作

2020/5/11

ブログのアイキャッチに使える,高品質な画像が見つかる格安有料サイトまとめ・料金比較

ブログのアイキャッチなどの画像を、無料サイトで探すことも可能ですが、限界があります。 無料サイトだと、記事にぴったりの画像を探すのが大変ですが、有料サイトだと大抵すぐ見つかります。画像の量が桁違いだからですね。 この記事では、なるべく安く購入できる有料画像ストックサイトをまとめてみました。大まかですが、安い順に並べてあります。 無料サイトについては、以下の記事にまとめています。

続きを読む

Webサイト制作

2020/5/11

ブログのアイキャッチ画像の探し方|厳選!高品質な画像をダウンロードできる無料サイトまとめ

サイトのクオリティを上げるために、アイキャッチ画像は、なるべく質の良いものを使いたいところです。 この記事では、無料の画像をダウンロードできるサイトをまとめました。 「クオリティが高い」「画像の数が多い」「アイキャッチとして使える画像を見つけやすい」という条件に合うサイトに絞っています。 有料サイトについては以下の記事にまとめましたので参照してください

続きを読む

アドセンスの配置

Webサイト制作

2019/5/10

Googleアドセンス広告をどこに配置する?基本の位置はこの4つ!

Googleアドセンス広告を高めるには、貼り付け位置が重要とされています。つまり「適切な場所」に「適切な種類」の広告を配置することが、収益アップに不可欠というわけです。収益が出やすいとされる貼り付け位置と、広告の種類をまとめました。

続きを読む

バイク。スーパーカブ

節約術

2020/11/8

バイクの一括査定に申し込んでみた!査定の流れと結果報告|スーパーカブ編

乗らなくなったバイクがあったので、一括査定で売却してみました!売ったのはスーパーカブ110PROです。売却までの流れと結果をまとめました。ヤフオクで売ったほうがいいのか?ということについても検討済みなので、その点も解説しています。

続きを読む

Webサイト制作

2021/2/14

インフィード広告をWordPressサイトに導入する4つの方法

サイトの記事一覧の中に溶け込むようにして表示する「インフィード広告」は、今やネット広告の主流ですね。とはいえサイトの仕様によっては、導入するのが難しいこともあります。この記事では、WordPressサイトにインフィード広告を導入する方法を4種類紹介しています。 目次1 広告コードを取得するだけじゃダメ?1.1 広告コードを入れる場所がないテーマもある2 インフィード広告を入れるための4つの方法2.1 方法1:テーマのphpファイルを編集する2.2 方法2:プラグインを入れる2.3 方法3:Googleの自 ...

続きを読む

theme

Webサイト制作

2019/1/12

おすすめWordPress有料テーマ|機能・デザイン別に徹底比較まとめ―選び方も解説!

WordPress(ワードプレス)のテーマは色々ありますが、どれがいいのか選び方がよくわからない!という場合もあるでしょう。この記事では、おすすめのWordPress有料テーマを、デザイン・機能別にまとめました。選び方もよくわかるようになっています。

続きを読む

deadline

節約術

2018/8/5

期間固定Tポイントが失効間近!どうすればいい?ポイント消化方法まとめ

Tポイントの失効まであと数日!でも使い道がわからない!通常のTポイントなら、使い道が沢山あるので、ポイント消化するのは簡単ですが、「期間固定Tポイント」は使い道が限られています。 この記事では、期間固定Tポイントの消化方法をまとめました。

続きを読む

pc-web-site-money

Webサイト制作

2020/11/8

ブログ・サイトで稼ぐ方法―初心者はまずココから!基本の流れはどんな仕事も一緒

ブログやサイトで稼ぐ方法について書かれたネット記事は色々あります。この記事では、ブログ・サイトで稼ぐということを、「自営業」の一種と考えて、初心者が稼ぐにはどうしたらいいのかをまとめています。

続きを読む

節約術

2020/5/11

楽天市場とYahoo!ショッピングを比較!違いを分かりやすく解説します

「楽天市場」と「Yahoo!ショッピング」は、ある程度似ている部分があり、どっちが安いのか、どっちの方がポイントがたまるのか、微妙なところです。楽天市場と Yahoo!ショッピングを徹底的に比較して解説します。

続きを読む

-通販・フリマ販売

Copyright© SHIN-NO , 2021 All Rights Reserved.