ブログ・サイトで稼ぐ方法―初心者はまずココから!基本の流れはどんな仕事も一緒

ブログやサイトで稼ぐ方法について書かれたネット記事は色々あります。この記事では、ブログ・サイトで稼ぐということを、「自営業」の一種と考えて、初心者が稼ぐにはどうしたらいいのかをまとめています。

ブログ・サイトで稼ぐとは?

「ブログやサイトでお金を稼ぐ」とはどんな仕事なのでしょうか?

簡単にまとめると「ネットで調べ物をする人が読むための記事を書く仕事」といっていいと思います。

何かわからないこと、知りたいことがあって、ネットで調べ物をした人が、自分の書いた記事を見て「なるほど!」となってもらう。そういう仕事だと思います。

広告収入を得る

ブログ・サイトで収益を出すしくみは「広告収入」です。「情報商材を売る」というイメージの悪い稼ぎ方をしている人もいますが、普通の稼ぎ方は広告収入です。

記事を見てくれた人が、広告をクリックしたり、サービスに申し込んだりすることで、サイトの運営者に広告料が払われるしくみがあります。

広告収入のしくみは、主に「アフィリエイト」と、「アドネットワーク」の2つです。

「アフィリエイト」とは、商品やサービスを紹介して、申込んでもらうことで広告収入が発生するものです。「アドネットワーク」は、基本的に広告のクリック数や、表示された回数に応じて広告収入になります。

この2つの広告について、それぞれ別の記事でくわしく解説していますので参考にしてください。以下の記事です。

アフィリエイトとは?その全体像がまるわかり!4種類に分類してまとめてみた アドネットワークとは?クリック課金型とインプレッション課金型の両方を徹底まとめ

ライティングスキルが必要

広告収入を得るには、記事のクオリティが大切です。つまり、ライティングスキルが必要ということです。

前述の「アドネットワーク」の場合、アクセス数が高いほど広告収入が多くなります。アクセス数を上げるには、ネット検索で上の方に、上位に表示される必要があります。

ネット検索では、基本的にクオリティの高い記事、有益な情報を載せている記事が上位に表示されるようになっていますから、アクセス数を増やすには、記事のクオリティ・品質が重要ということです。

また「アフィリエイト」についても、商品やサービスを紹介して購入してもらうわけですから、商品やサービスの魅力を上手く伝えるスキルが高いほど、広告収入も増えます。

まずはライターの仕事をする

前述のとおり、ブログやサイトで稼ぐ!というのは、Web記事を書く技術・ライティングスキルが必要な仕事なので、初心者はまずそのスキルを身につけなければなりません。

ライティングの基本を学ぶために色々な参考書で学ぶ!というのもいいですが、仕事をして学ぶ!というのもおすすめです。つまり、まずはライターの仕事をすることです。

まずは就職するという流れ

つまり、ブログやサイトで稼ぐ!というのも、自営業を始めることの一種ですから、ほかの業種と基本的な流れは同じということです。

たいていの自営業立ち上げというのは「まず一回就職して、技術やコネを身につけることが第一段階」という場合が多いですね。

ブログやサイトで稼ぐ!という自営業についても、まずサイト運営やWeb記事の作成をしている企業から仕事を受けて、Web記事を書く技術を身につけることから始めることがおすすめです。

ブログやサイトで稼ぐには時間がかかる

ブログやサイトでまじめに稼ごうと思ったら、すぐに利益を出すのは難しいです。サイトへのアクセスを増やすには、基本的に長い時間がかかるものだと考えたほうがいいでしょう。

ですから、まずはスキルを高めつつコツコツとサイトを作り、アクセスを増やしていくのがおすすめです。

すぐに稼ぐ方法もあるが一時的

サイト・ブログですぐに稼ぐには、高額な情報商材を売りつけるとか、仲間同士でリンクを貼りあうなど、姑息な方法を使うしかないでしょう。すぐに稼げる!と言い切っている情報はだいたいそういうタイプです。

仕事としてまじめにやるのではなく、ただお金を稼げばいいという考え方ですね。

そういう稼ぎ方は結局、一時的にしか稼げない方法でしょう。長期的にしっかり稼ぐには「有益な情報が得られるクオリティの高い記事を書きつづける」ことと、「自分の評価・評判を落とすようなことはしない」ということに尽きると思います。

どんなに稼げる方法だとしても、人として間違ったことをしていると、いつか痛い目に合うことは間違いありません。

最初の3カ月は稼げない?

サイトを作ってから最初の3カ月間は、ほとんどアクセスが集まらないといわれています。

これはブログサービスなどのドメインを利用した場合や、中古のドメインを使った場合は別ですが、新しいドメインでサイトを作った場合は、検索エンジンからの評価を集めるには最低でも3カ月かかるといわれているからです。

みんなに認識してもらう時間も必要

アクセスを上げるには、自然な「被リンク」が重要です。「被リンク」とは、自分のサイトへのリンクを、他の人のサイトやブログななどに貼ってもらうことです。

つまり、みんなに自分の書いた記事を見てもらって「参考になる」と思ってもらい、リンクを貼ってもらう必要があるわけです。それには当然、ある程度の時間がかかります。

そのためにはもちろん記事のクオリティが高いことが前提ですから、ちゃんと稼ぐためにライティングスキルが不可欠ということが、ここからもわかると思います。

やりながらわかることも多い

どういう記事を書けばいいのか、どんなまとめ方をしたらいいのかは、実際に沢山書いてみてわかることが多いです。ですから、よほどの天才じゃないかぎり、やりながら学んでいくしかありません。

また、自分一人でやっていてもわからないことが多いので、ライターの仕事をすることでわかることも沢山あります。ライターをやりながら、自分のサイトの記事も書いて、こつこつスキルアップしていくしかないでしょう。

とにかく、サイト・ブログで初心者がすぐに稼ぐ!というのは、基本的に無理な話です。

情報商材で学ぶのはどうなの?

スキルを身につけるために、「ブログで稼ぐ系の情報商材」で学ぶのはおすすめしません。理由は以下のとおりです。

最初に大きく出費するリスク

情報商材に大きいお金を払っても、その投資に見合ったリターンがある確率はかなり低いです。

よっぽどお金持ちで、捨てるつもりで払うならいいですが、いずれにせよサイト・ブログ運営の会社としてはスタートから大きな負債をかかえることになります。

投資したお金を回収できないまま、結局こんな事業に手を出さなければよかった!ということにもなりかねません。ですから、情報商材で学んで、サイト・ブログで稼ごう!というのはかなりのリスクがあります。

大半の情報商材はひどい内容

情報商材は全部ダメとは言い切れませんが、「スキルは不要!努力は不要!」みたいなことをうたい文句にして、ライティングの技術を解説してくれないことがほとんどでしょう。

そういう情報商材を売りつけてくるサイトそのもののクオリティが低く、ライティングスキルがない人が書いていることが多いです。

大文字の多用や、改行が多すぎる文章など、スマホ普及前の古いスタイルで書かれており、最新のWeb記事の書き方とはほど遠い体裁のものがほとんどですね。

結局、そういう情報商材を作っている人は、高額な情報商材を売って一時的な利益を上げたことがあるだけなので、ライティングスキルを持っているとは限らないということでしょう。

ライターから始めれば「情報+報酬」

情報商材は、高いお金を失って情報を得ますが、ライターの仕事をして学べば、お金を得ながら、情報も得られます。

しかも情報商材は、前述のとおり、良い情報はほとんど得られない場合が多いですが、ライターとして働くなら、経験値として無駄にはなりませんし、高い確率でスキルアップに繋がる情報を得られます。

情報商材で学ぶメリットはほとんど見つからないですね。

クラウドソーシングなどを活用

今では「クラウドソーシング」などで、気軽にライターができる時代ですから、利用しない手はないでしょう。

ライター初心者や未経験者でもOK!という案件も結構あります。クラウドソーシングなら、今の仕事を辞めずに副業としてやりながらスキルを身につけられます。

クラウドソーシングって何?という話は、以下の記事を参照してください。

インターネットを使って在宅ワークをする方法―「クラウドソーシング」とは?

案件をよく選ぶことが大切

クラウドソーシングでは、ライティング系の案件が沢山ありますが、よく選ばないと全然稼げないうえに、ライティング技術が身に付きません。

スキルを身につけるためには、しっかりとしたクオリティを求められるような案件を選びましょう。芸能系やキュレーションサイト系のような、質より量やスピードを求められるジャンルは避けましょう。

しっかりとした会社からの仕事を受けて実践することで、しっかりとスキルを身につけられます。

クラウドソーシングで、稼げる案件の選び方については、以下の記事を参考にしてください。

typewriterクラウドソーシングでライターとして稼ぐコツ―案件の選び方のポイント

まとめ

初心者がブログやサイトで稼ぐ方法は、まずライターとして仕事をしてスキルを身につけることです。

真っ当な方法でサイト・ブログの収益を出すには時間がかかります。今の仕事を辞めないで、もしくはライターとしてしっかり稼ぎながら副業としてサイト運営をしたほうがいいでしょう。

やがて自分のサイトがある程度成長したら独立するという流れがベストだと思います。